Maki Textile Studio
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
makiストール巻き方編 その2 - バイアスに折って巻いて

今日は快晴で気持ちの良い竹の家です。

青々とした緑と木漏れ日、

竹林shopは開けております、ふらりとお立ち寄りください。

 

 

先日のストールの巻き方「くるくるねじって巻いて」に続いて、

今日は第二弾「バイアスに折って巻いて」をご紹介。

この巻き方が、一番定番の巻き方になるのかなぁと思います。

まずはお手持ちのストールでお試しください。

 

・maki布「バイアスに折って巻いて」

 

 

1. 体が中心になるように、ストールを広げます。

 

 

2. 片手を下にずらし、バイアス(斜め)に持ちます。

 

 

3. ストールがクロスしたのがわかります。

 

 

 

4. バイアスの状態で肩から掛けます。

 

 

 

5. 首元の重なりを少し折り曲げ、襟をつくるようにしましょう。

 

 

6. 整えて完成です。

 

 

バイアスに折ることで、ストールに柔らかな、

伸びのある表情が生まれ、収まりも良くなります。

ストールの重なりも美しく、見る角度で違った表情も楽しめそうです。

 

インスタグラムやonline shopでも動画でご紹介する予定です。

合わせてご覧ください。

 

 

現在オンラインショップでは

Visa & Master開通記念セールを5/31まで開催中です。

是非ご覧ください。

 

真木テキスタイルスタジオ

服部

 

 

 

makiストール巻き方編 -くるくるねじって巻いて-

緊急事態宣言も解除となりました。

これからもしばらく、

「いつもそこにあるもの」として静かに感じながら過ごしていきたいと思っております。

 

竹林shopも毎日静かに開けております...。

緑豊かな庭を散策するだけでも気持ちの良い季節、蜜は避けながらとはなりますが

ふらりと空気と風を感じにいらしてください。

 

makiオンラインshopではvisamasterカード開通記念として一部商品を少しお買い得にさせていただいております。

悩んでいたアイテムや、お買い得なら少し先の季節アイテムも?などお悩みいただきながら

のぞいてみてくださいね。

こちらも毎日アイテム追加もしております(これも静かすぎてお気づきにならないかもしれませんが...お楽しみに!)

 

 

 

今日のご紹介はソフト編。

取説ではなく、maki布how toでしょうか。

makiのシルクはシャリシャリっとしています。

一般的に「柔らかく使いやすい」という風合いとは異なり、「この風合いを楽しみながら育てていく」という手織り布だと思っております。

ハードルが高く感じられる方もいるかもしれませんし、

ご縁あって手にしてくださっている方も、使っているけれどどうしたらより楽しく使えるかな?と

思っているかも....

と日頃から感じております。

 

各地展示会や竹林shopでは直接お伝えしておりますが、今日はこちらのブログで画像とコメント、そして

Instagramとオンラインshopで動画配信もさせていただきます。

ぜひご参考にしていただきたいと思います。

ほかの巻き方も引き続きアップしていきます。

(わかりづらい部分がありましたら、電話、メール、そしてshopでなどご質問お待ちしております)

 

 

●maki布「くるくるねじって巻いて」

 

ストールを平たく持ち、真ん中辺りでバイヤス(斜め)にたたみます。

 

たたんだ状態です。

上部が二重となりバイヤスの伸びもでて、ふっくらとします。

 

二重のところからクルクルと手前に巻いていきます。

 

 

バウムクーヘンのように、くるくるくるくると。

point! 少し左右に引っ張りながらが巻くのがポイントです。

ふんわりと巻くと布の戻りがあり、首にからかけた時にボリュームが出てしまうからです。

 

 

 

巻いた状態で首からかけるともともとの布幅を感じないほどのスッキリさに。

このまま使っても...。

私はこの状態で使用することが多いです。

 

 

 

もう一巻きすっきりとカジュアルに巻く場合は

・左右の長さをずらして長短をつけます。

・長い方をくるりと首に巻きます

point!  首元から拳一つくらい空間を開けて巻く。首元ぎりぎりですと巻いた後に顔周りが布に覆われた感じに見えてしまいます。

 

 

・くるりと巻いた長い方を輪っかの下からくぐらせます。

 

 

 

 

 

もう一方の布を、上から穴に潜らせます。(これは動画の方がわかりやすいと思います...)

 

 

 

巻き終わりは、布先(フリンジ部分)を少し脇へ動かして顔まわりはスッキリと。

 

 

書いていながらも、手は自然と動くのですが

活字でお伝えする難しさが(文章力がなく申し訳ありません)

皆お一人お一人に巻いて差し上げられたらと....。

 

本日

インスタグラムとmaki online shopで動画配信もしております!

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

竹の家でびわ染め

もう・・・梅雨?
と思うくらい、ここ数日はしとしとと肌寒い日が続きますね。

 


雨になる少し前の日、
鳥の声がそこここから聞こえる静かな竹の家では、
庭のびわの木を使ってびわ染めがはじまりました。

 

シルクの糸やタッサーシルクの布をびわで染めると、
もともと持つ淡いベージュや生成りの色に染め重なり
ピンクから茶の優しく、落ち着いた色に。

 

布はいち早くみなさまにお届けしたいマスクや・・・

価格 3,600円+税

 

 


春夏の首元に使っていただける小さなストールに。

価格 9,500円+税

サイズ 約33cm×146cm

今日のように肌寒い日には柔らかな質感で室内でも小さく首に巻いていただけます。

 

オンラインショップでの購入が可能です。

その他、今の季節に見ていただきたいアイテムなど沢山掲載しておりますので、

是非makiのオンラインショップをご覧ください。

 

直接のお電話やメールでのお問い合わせももちろん大丈夫です。

 

真木テキスタイルスタジオ 酒井

 

 

 

 

タッサーシルクのアイテム

 

こんにちは。

竹の家の草木は元気いっぱい光を浴びて日に日に成長しています。

ふと足元を見ると野いちごが赤く熟し始めていました。

 

 

毎日発見があり、出勤の楽しみのひとつでもあります。

 

オンラインショップが始まり、

普段竹の家でしかご紹介できなかったものまで、色々とWebで見られるようになりました。

糸などの素材もそのひとつです。

 

maki布に欠かせないタッサーシルクの糸も揃います。

 

 

タッサーシルク ギッチャー 絹糸 甘撚り

自然な色合いと輝きが美しいです。

織物やラッピングの紐など、いろいろな用途に。

 

 

タッサーナーシ生地のクッション 中綿付き

タッサーナーシの紡ぎの表情がなんともかわいいクッションです。

太ももにのせてすっぽりと収まるサイズ感です。

 

 

タッサーシルク ミニラグ 無地

動物の毛のような風合いに見えますが、こちらもタッサーシルクを使っています。

無地、と表現していますが木肌のように濃淡があり、豊かな表情感です。

 

 

一人、腰掛けるのに、ちょうどいいサイズです。

 

 

MAKIのマスク 織り生地

タッサーシルクの紡ぎ糸やgangaの木藍で生葉染めした糸など…

あの時この時の織り生地をマスクに使いました。

 

 

GWオンライン展の後も、日々更新中のオンラインショップ。

これからもご自宅でお楽しみいただけたら幸いです。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

本田

 

竹の家の日々

昨日は真夏のような陽気でした。

竹の家の緑もぐっと濃くなってきたように感じます。

 

 

木漏れ日や吹き抜ける風が心地よい一日でした。

6日まで開催された、makiでは初めてのオンラインGW展。

至らぬ点もありましたが、無事に終了しました。

GW展は終了しましたが、オンラインショップはこれからも続きます。

お気軽に、ご覧になってみて下さい。https://itoito.shop

 

さて、GW展期間中、毎日開催されたのがインスタグラム・ライブ。

ご覧になられた方もいらっしゃると思います。

田中ぱるばの紙芝居、真木千秋とスタッフによる布巻き講座。

連日内容を変えて発信しました。

お陰様で好評をいただき、実は昨日もインドのganga maki工房と繋いで、

二元中継を試みました。久々に稼働始めたganga maki、

見ているこちらも感無量です。そんなインスタグラム・ライブ、

見逃して悔しい思いをしている方もいらっしゃるでしょうか…。

 

 

大丈夫。そんな方に朗報です。

映像を編集して、なんとこちらも初のYouTubeデビューです。

いつでも、誰でも、何処でも見ていただけます。

オンラインショップのトップページにも設置したので、

是非ご覧いただけたらと思います。

まずは、GW展の紙芝居「タッサーシルクの故郷を訪ねて」、

「ganga makiのジャカード織」と布巻き講座。

今後続々アップされていくと思います。お楽しみに。

 

 

思わぬかたちで立ち上がったオンラインショップ。

少しでも見やすく、makiの質感など感じられるように、

色々と考えを巡らせる日々です。

まずは写真ではなかなか伝わりづらい雰囲気を、

動画なら伝えられるかもと画策しています。

どんなものが出来上がるかわかりませんが、

時折、オンラインショップも覗いていただけたら嬉しいです。

何らかの試みがされているかもしれません…。

 

真木テキスタイルスタジオ

服部

 

 

 

明日より、オンラインGW展

 

こんにちは。

竹の家は新緑の季節。

 

 

今年のゴールデンウィーク展示会は、 竹林スタジオではなく、オンラインで春の布衣をお届けします。

そこでは先週の日曜日に枇杷染めをした布を使ったストールとマスクも!

できたてほやほやの新作も一挙に並びます。

※よろしければ絲絲雑記帳をご参照ください

 

 

肌にやさしく映える美しい色合いです。

 

 

フライング版にてご紹介していましたマスクも再び再入荷いたしました。

タッサーシルク生成り・枇杷染め、マトカコットンなど。。

マスクの手放せない日々、好きな布やシルクの心地よさを肌で感じて安らいでいただけたら嬉しいです。

 

竹林展、といえばtocoroさん。

今回tocoroさんのクッキー+makiフキンとのコラボも!

 

 

maki初のオンラインGW展は新しい試みがたくさんあります。

ぜひお家でゆっくりとお楽しみください。

 

GWオンライン展

5月1日10:00−5月6日18:00の間、www.itoito.shopにアクセス! 

・インスタグラムのライブで田中ぱるばの紙芝居  

「タッサーシルクの故郷を訪ねる」毎日13:00–    

インスタグラムでmakitextilestudioと検索!

・オンラインGW展期間中、税込15,000円以上お買い上げの方に1,000円分のハギレをプレゼント!(数量限定)

・オンラインGW展期間中税込30,000円以上お買い上げの方にmakiオリジナルのリネンモックレノフキン(50cm角)をプレゼント!

・税込10,000円以上お買い上げの方は送料無料。

・発送は5/7以降になる場合がございます。  

会期中は毎日、少しずつ掲載アイテムを増やす予定です。

お家でゆっくりとご覧ください。

 

真木テキスタイルスタジオ

本田

気がつくと、maki布

毎日お天気もコロコロと変わり、家時間もまったりしたり、そわそわしたり

気持ちも忙しい日々です。

朝起きて、ご飯を食べ、お日様を少しあびて、夜はぐっすり。

それぞれのペースを大切にしながら、「今日も一日頑張った!」と感じながら過ごしたい。

 

 

家で過ごしていると普段からそこにある色々に改めて気づかされることがあります。

私はおうちのmaki布。

部屋で風景と化している布々がふと愛おしくなり、あ〜こんなに布に囲まれて過ごしているのだなと再確認。

 

クッション、ベットカバー、コースター、ティーマット、そしてお買い物時に首に一巻きストールなど...。

もちろん普段着としてきているmaki服もそうですね。

一つとして特別なものではなく、自分の一部。

 

 

 

懐かしいジャカード織生地のクッション色々。

10年以上使っているので触り心地もくったりとして気持ちよい風合いに。

このままずっと使いたい。

 

 

 

座布団カバーは椅子用クッションに。

 

 

竹の家ワークショップでも作るmaki布スツール。

日常使いなので何度か張り替えました。

 

 

ベンチや椅子座面サイズのチクチク。

これはmaki織師さんの田舎で村の女性たちがチクチクと刺してくれた貴重な刺子布。

今年中には復活するかも!?

 

 

 

 

麻とタッサーシルクで織ったベットカバーは、適度な厚みと重さで掛けやすくたたみやすい。

大切に一生使いたい、一等お気に入りの布。

 

 

もうボロボロになってきているチクチクloopマット。

毎朝の珈琲ポットの下敷きとして。

 

 

懐かしい麻エリクロス。

引っ掛け紐が付いているので手拭きとして万能。

そして乾きが早い!  シルクならではだと思います。

 

 

オマケのオバケ?

作夏インドganga工房で娘が自由気ままに織らせてもらったオブジェ(風)。

素材はなんと残糸のパシミナ!!

贅沢なオブジェ(風)。

思い出の品です。

 

 

家時間も見方、心持ちを変えると新しい時間が流れます。

改めて自分の欲するもの、手元に置いておきたいもの、取捨選択する時でもあるのかもしれません。

それでも人は欲する生き物でして...

私はそろそろタッサーシルクラグ デビューをしたいな、とそわそわしております。

 

maki online store のグランドオープンは5/1(金)。

お店で実際に手にして見る楽しさはもちろん一番ですが、自分時間でゆっくりとmaki布を何度も見ながら

こんなアイテムもあったんだ、これ気になってたなど、新しい愛で方をしていただけると

嬉しいです。

 

makiスタッフ一同、皆様の身体と心の健康を願い、

そして竹林shopへお呼びできる日が来ることを願って...

お会いできる日を心待ちにしております。

 

ひとまず、onlineでお会いしましょう。お待ちしております。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

 

 

 

makiのおうち時間

 

こんにちは。

春の暖かで過ごしやすい気候ですが、

身の安全のためのおうち時間 続きますね。

 

 

竹の家では筍がひょっこり頭を出していました。

 

ブログを読んでくださる方にとって、

少しでもおうちで過ごす時間の癒しや楽しみになれたら…

と思いながら書かせていただいております。

 

今日はご自宅や散歩の時間にも楽しめるアイテムをご紹介いたします。

 

 

これからの季節にぴったりな真木雅子先生の籠バッグ。

うすびき皮籐で編まれた籠は、とても軽く持ち運びやすいです。

生成りと藍のコントラストでシャープにかっこよく。

くるみ樹皮とはまた違った味わいがあります。

 

 

うすびき背とり皮籐
サイズ 21cm×35cm×8cm
価格 ¥53,000 + 税

 

 

うすびき皮籐
サイズ 20cm×23cm×14cm
価格 ¥50,000 + 税

 

 

文庫本や書籍がすっぽり、入ります。

お天気のいい日に人の少ない場所を選んで、

外で読書をするのもいい息抜きになるかもしれませんね。

 

 

写真の本は、こちら COLOUR OF LIME / STUDIO MUMBAI です。

gangamaki工房の漆喰の壁をクローズアップされています。

美しい写真の数々です。

 

 

写真の窓から覗くのは、

工房の青々としたマンゴー。

今年は花がたくさん咲き、豊作の予感。

小ぶりで味もぎゅっと詰まって美味しいのです。

 

 

インドの座椅子 ムラ

度々ブログでも紹介しているこちら。

スツールとしても、椅子としても、とても使いやすい大きさです。

好きな場所へ移動して、ちくちく裁縫をしたり、お茶を飲んだり、読書をしたり…。

どんな場所でも活躍する座椅子です。

 

 

ついに始まりました online store こちらから簡単にアクセス出来ます。

すこしづつ更新していきますので、よろしければおうち時間の息抜きにご覧ください。

 

真木テキスタイルスタジオ

本田

makiの日々「online store」

昨日のあきる野は、真冬に戻ったかのような寒さと大雨。

しかし今日は一転、初夏を思わせるような晴天!

 

木々が芽吹きはじめ、山は柔らかな新緑の色に包まれて

地元の私が一番好きな季節。

思いっきり外で過ごせないのが今年は本当に残念です。

 

現在竹林ショップは休業させていただいておりますが、

スタジオはスタッフを少人数にしながら

日々できることを。

 

その中の一つが、online store。

今までも少しチャレンジするも、なかなか・・・。

今回は時間もあるし初心に帰ってもう一度挑戦。

 

まずは撮影場所や撮影機材。

スタッフの服部が糊に墨を混ぜて和紙に塗って

小さなサンプルを。

なかなか良い風合いに仕上がって・・・

 

本番は大きなベニア板に和紙を張って、

撮影用の大きな床ができました!

 

お店の中での撮影ですが、

時間や照明を工夫して日々撮影を進めています。

 

日頃なかなか出来なかった新しい事。

こんな時だから出来る事。

色々な事を気をつけながら日々を過ごしています。

 

現在は仮として、online storeをスタートしていますが、

makiの春の新作、衣やストールなどを中心に

5月1日から大きく再スタート予定!

日程など決まりましたら改めてお知らせいたします。

 

現在のonline storeも・・・

makiならではのアイテムが色々登場しています。

近日マスクも⁈

makiのHPのトップ画面から簡単にアクセス出来ますので、

online store 是非ご覧ください!

 

真木テキスタイルスタジオ 酒井

 

 

 

 

 

 

 

 

 

online store はじまる

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

新型コロナが1日でも早く終息してほしいと願いながら、

出来るだけ不要な外出を控える日々が続いております。

そんな生活の中で、少しでも気分を変えられるように、

ちょっとフライングですがonline storeをオープンします。

まだ内容も乏しく、仮設な感は否めませんが、

順次アイテムも増やしながら、見た目も改善していきながら、

つくっていきたいと思います。長くお付き合いいただけたら嬉しいです。

4月末には 正式なonline storeを開設予定です。

その際はまたこちらでもご案内いたします。

 

 

こちらがonline storeのトップページです。

まず今回掲載が始まるアイテムは、「kotiスカート」、

「後染めストール  タッサー格子ミニ」、「ちくちくコースター」の3点。

小物のアイテムを中心に順次増やしていく予定です。

また、掲載されている写真に写っているタンクトップなどの商品も、

お問い合わせいただけましたら、その都度対応させていただきますので、

スタジオまでお問い合わせください。

 

また、来月5月6日まで、オープン記念としまして、

税込10,000円以上お買い上げくださったお客様には、

500円分のmakiのハギレをプレゼントいたします。

何かお家でちくちくとつくられてはいかがでしょうか。

*ハギレはお選びいただくことはできませんので、予めご了承ください。

 

まずは一度、online storeをのぞいていただけたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

真木テキスタイルスタジオ

服部