Maki Textile Studio
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
松屋銀座 籠バッグのご紹介

 

こんにちは。

金木犀の甘い香りが漂い季節の巡りを感じます。

真砂三千代 衣展も終わり、いよいよ松屋銀座での展示会が始まります。

 

今日は松屋さんへお持ちする真木雅子先生の籠をご紹介いたします。

 

 


藍で染めたうす引き皮籐は山ぐるみにぐっと映えてコーディネートのアクセントに。

ウネギッチャーのストールを藍で合わせて。

 

Qバッグ

価格 ¥68,000+税

素材 山ぐるみとうすびき皮籐

 


 


細かく丁寧な編み目は、じっくりと眺めていたくなる美しさ。

コーディネートがぐっと引き締まります。

 

Cバッグ

価格 ¥70,000+税

素材 山ぐるみとうすびき皮籐

 


山ぐるみ樹皮の表裏の濃淡をいかした編み模様が素敵です。

風華のストールを合わせてシックに。

 

Dバッグ

価格 ¥68,000+税

素材 山ぐるみとうすびき皮籐

 


 


 

凛とした表情の編み柄がコーディネートに映えます。

秋冬のマットなウール素材のアクセントに。

 

P うすびき皮籐 大

価格 ¥75,000+税

素材 うすびき皮籐

 

 

どの素材も職人さんの手によって丁寧に仕上げられたものを使い編まれています。

手編みのあたたかさと凛とした美しさを感じる、雅子先生の籠バック。

ぜひ、26日(水)よりはじまる松屋さんの展示会でご覧ください。

 

 

●松屋銀座 7階遊びのギャラリー

9/26(水) 〜 10/9(火) 最終日は17時閉場

営業時間が曜日によって異なります。詳細は松屋銀座HPをご参照ください。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

本田

 

 

松屋銀座 秋のご紹介

真砂三千代展も昨日が最終日でした。

竹林shopではじめてのAfa展、初めて見てくださる方も多くみなさん

その生地使いや着心地、素材感にうっとりとした5日間でした....。

 

9月もすっかりと半分過ぎてしまい...

秋の展示会も各地で始まっております。

毎秋の松屋銀座は、9/26(水)〜10/9(火)の2週間。

makiの秋のお披露目です。

 

ジャガードウネミックス生地のプルオーバー。

フレンチスリーブ袖なので、秋の始まりはそのままで、秋深まる頃にはTシャツやニットと合わせて。

このほか、ジャンバースカートもございます。

 

 

シックなジャガード織り柄のショートコート。

素材がウール×タッサーナーシで、しっとりとし柔らかさに。

たっぷり襟が冬の首元をあたためてくれます。

色違いでダークブルーもございます。

 

ジャガードで織る、服生地はひさひぶりのご紹介。

プレーンなmaki生地との相性も良く、コーディネートの幅も広がる秋に。

松屋銀座での秋の始まり、ぜひご覧ください。

 

●松屋銀座 7階遊びのギャラリー

9/26(水) 〜 10/9(火) 最終日は17時閉場

営業時間が曜日によって異なります。詳細は松屋銀座HPをご参照ください。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

真砂三千代 衣展 始まりました。

 

こんにちは。

小雨の降る二日目。

雨に濡れた竹林の緑が輝き景色に映えます。

 

 

 

初日、二日目のランチはいずん堂さん。

十六穀米ごはん、とん汁、栗と南瓜のポテトサラダ、

こんにゃくと根菜のスパイス纏い、サンマの和オイル煮、

豆腐の味噌漬け、秋ナスの香り梅和え、ぬか漬け。

 

あきる野の食材やインドのスパイスを使ったスペシャルランチを

ご用意いただきました。

 

明日から最終日18日(火)は、きむくまカレーさんのランチとなります。

季節の野菜カレーと鶏そぼろ和風キーマの二種類!

 

ぜひ、お楽しみに。

 

 

そして、、、

昨日行われた 真砂三千代、真木千秋による衣ショーの様子を少しお届け致します。

 

maki布を使ったジャケットとパンツに綾太ストライプのショールを合わせて。

明るく素敵な笑顔と共に。

 

ストールマルダギッチャーを纏った上に、

ラオスのシルク布を使ったコートとボトムでシックな着こなしに。

 

ヒマラヤウール折り返し織りのコート。

ノーカラーでなだらかなシルエットは、かわいい着こなしに。

 

台形腰巻きの上から大判パストラルのストールを巻き、

ヒマラヤウールのコートにこっくり染まった霞空羽のストールを合わせて。

 

今回、DMにも使われたヒマラヤウールのロングコートを。

大きな衿は小さくたたんでコンパクトにも。

 

ミュージアムピースの布をたっぷりと使ったこちら。

袖とネックポイント以外は布そのまま。巻いたり結んだり…

最小限の縫製で布の美しさを最大限に引き出したカタチです。

 

その上からヒマラヤウールのふくふく生地をたっぷり使った羽織を合わせて。

 

最後に全員で一枚。衣を纏った皆さんの笑顔がとても素敵です。

 

今回ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

真砂三千代 衣展 は、18日(火)まで続きます。

秋の心地良い季節の竹林でお待ちしております。

 

真砂三千代 衣展

9/14(金)-18(火)

11:00-18:00

会期中無休

lunch  12:00〜

くむくまカレー

cafe    12:00〜

tocoro cafe

 

 

真木テキスタイルスタジオ

本田

真砂三千代 衣展 明日より始まります

 

こんにちは

涼しい日が続き

すっかりと秋の空気に変わりました。

 

いよいよ明日より 

真砂三千代・衣展が始まります。

真木テキスタイルの布で作る冬衣

様々なアイテムが竹林shopに並びます。

 

今日はその展示風景を

お伝えしたいと思います。

 

 

DMでもご紹介したヒマラヤウールの

織り生地のコートなどなど、、、

makiの織り生地の服でもまた違った雰囲気

 

 

真砂さんの衣に霞空羽のストールを合わせて、、

 

 

 

shopの2Fではganga工房より届いた新作アイテムも並びます。

こちらもお楽しみに。。。

 

そして14日(金)14時から

「真砂三千代の布使い ganga布の衣を着る」

真木千秋と真砂三千代さんによる着付けで

衣ショーを予定しています

飛び入り参加大歓迎です。

 

 

 

ここからは食を彩る出店者の方々をご紹介します。

 

 

14(金)15(土)の二日間は

いずん堂さんが、ごはんのワンプレートランチをご用意いたします。

 

 

 

16(日)17(月)18(火)の三日間は

きむくまカレーさんが

季節の野菜カレー/鶏そぼろ和風キーマ

2種類のランチをご用意いたします

 

 

母屋では毎日、tocoro cafeさんが

ドリップ珈琲、焼き菓、ジェラートなどなど

ご用意いたします。

 

衣に食に盛りだくさんな

明日からの真砂三千代・衣展、

是非遊びにいらしてください。

 

 

真砂三千代 衣展

9/14(金)-18(火)

11:00-18:00

会期中無休

lunch  12:00〜

cafe    12:00〜

 

 

 

真木テキスタイルスタジオ

西山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の色

すっかりと秋の空と雲。

虫の声も、空気も...

半袖より薄い長袖、

少しこっくりとした色を選びたくなる季節が始まりました。

 

makiのベーシックな色目は生成りのグラデーション。

ベージュ、グレー、チャコールなど...

そこに合わせる差し色によって雰囲気がとても変わってきます。

マリーゴールドの黄色、

茜の赤や朱色、

藍のブルー、

ラックの紫など...

今日は秋色の赤系に注目。

 

ふくふくかけ布

ヒマラヤウールのこげ茶×赤。

存在感もあり赤色がシンプルな服に色を添えます。

 

 

透明感の美しい、薄ムガ格子ストール。

ピンク系のシルクが輝きのあるムガシルクでより際立ちます。

 

 

ふくふくマフラー。

40cm幅のマフラーなので、首にクルクルっと一巻き。

ちらりと見える赤色が秋の装いにしてくれます。

 

 

存在感のある蘇芳(すおう)の赤。

楊柳が出る織りなので、その陰影で赤の力強さも増します。

こちらは90cmほどの一巻きストール。

コートの首元にいかがでしょうか?

 

 

makiの赤いろいろ。

合わせかたでいかようにも雰囲気を変えてくれます。

様々なmakiの差し色で、小さな秋をお探しください。

 

本日は、竹の家で年に一度の「生葉染め」。

今年のフレッシュindigoはどんな色かな....

染めて、空気をはらんで生まれる水色は奇跡のように美しい...

また糸糸雑記帳(HP)でもご紹介します。

 

 

いよいよ9/14(金)より、真砂三千代さんの展覧会始まります。

今日たくさんの作品が届きます。

ワクワクドキドキ!!

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

 

新作 大判パストラルショール

9月に入り、残暑もありながら朝晩は秋の風を感じ、

秋の虫の声も心地良い季節になりました。

もう秋がすぐそこですね。

 

今日は、makiの秋定番、パストラルショールをご紹介いたします。

今回のものは羽織るとジャケットやコート代わりにも使える大判。

秋、冬だからこそ、布の豊かさを充分に感じられる大判ショールがおすすめです。

 

程よい厚みが肩にもしっくり馴染んで、

シルク100%でもぐっと秋冬の顔になります。

 

青味の藍から黄味のある藍、メヘンディのグレーと合わせてなど

様々な表情が一枚で楽しめるのがこのパストラルショールの

楽しいところ。

コーディネートの主役になります。

 

色違いで優しいグレーの濃淡も。

 

二重織りパストラル大判(藍・グレー)

価格  58,000円+税

素材  黄繭×座繰り糸×タッサーシルク×

サイズ 約90cm×182cm

 

9/14からの竹林ショップで開催される「真砂三千代展」にも並びます。

真砂三千代さんの衣とmakiのストール、ショールのコーディネートも楽しみです。

 

是非、実際に見にいらして下さい。

 

真木テキスタイルスタジオ 酒井

 

 

 

秋のkotiワンピース

 

こんにちは。

大型の台風が過ぎ、ようやく関東の天気も回復しました。

夕方になり涼しい風が母屋に流れ込み、秋の気配を感じます。

 

 

今回は、秋冬の顔となるウールを使った新作kotiワンピースをご紹介いたします。

2018SS で初登場したkotiワンピース。

シルクの光沢と草木染めの色合いが上品に仕上がりました。

秋冬はどんな表情になっているのでしょうか…

 

 

こっくりとした深いダークブルーのkotiワンピース。

ウールのマットな質感はシックでかっこよく着られます。

テクスチャーが豊かなストール 二重ビームを合わせて。

 

 

春夏同様タッサーナーシのストレッチを活かした織りは、

自然なギャザーがうまれ女性らしくて素敵です。

 

 

ボートネックの首元はすっきりとしていて、

これからの季節にタートルネックのインナーと重ねても◎

 

 

着る人を選ばない、着心地の良い一枚です。

 

 

koti ワンピース

価格  39,000円+税

素材  手紡タッサーナーシxウールx麻

色   ダークブルー

 

 

もう少しあとに色違いのホワイトが入荷いたします。

こちらもお楽しみに。

 

-

information

・Afa 真砂三千代 gagnamakiの布で作る衣

9/14(金)〜18(火)

 

・松屋銀座 「絲合わせ、布合わせ」

9/26(水)〜10/9(火)

松屋銀座7階 遊びのギャラリー

 

 

 

真木テキスタイルスタジオ

本田

 

 

ふくふくかけ布

 

いつのまにか9月・・・
日暮れのはやさ、虫の鳴き声
少しずつ秋の訪れを感じています。


先日ganga maki工房より届いた
秋の始まりにぴったりな
ウールのアイテムをご紹介します。

 

ふくふくかけ布
糸がふんわりと空気を含んでいて
ガーゼのように
とても柔らかく、軽い
仕上がりになっています。

 

約85cmx124cm
¥22000+税

チャコールをベースカラーに
こっくりとした赤でおりかえし織

 

約85cmx124cm

¥22000+税

 

ぐるっと肩に回してショールとして。
優しいグレーに黄色のおりかえし織がアクセント

 


チャコールグラデーション

約85cmx124cm

¥20000+税

 

腰にぐるっと巻いて
フェルトひもで結ぶ・・・
足腰まわりの冷え防止に
徐々に寒くなるこれからの季節に
色々な使いかたができるアイテム

 

これから始まる
秋の展示会でご紹介予定です。
写真やブログでは伝えきれない
素材感、風合い・・・
ぜひお手にとってご覧いただければと思います。

真木テキスタイルスタジオ
西山

 

 

台形腰巻

まだ蒸し暑い日中ですが、ながれる空気そして虫の声と

日々秋めいてきています。

竹の家にもたくさんの秋冬ものが届いてきているので、

気持ちはどんどん秋に...。

 

今年のヒマラヤウールも盛りだくさん!

定番の台形腰巻、シンプル腰巻、かけ布いろいろ、服もコート・ジャケット・パンツ・ベスト・チュニックと充実。

その中から、今日は台形腰巻を。

 

 

台形腰巻は、gangamakiの秋定番。

ウエスト部分にはフィットしやすいようにウールを綾織して巻きやすく、裾に向かい麻を織り込むことでしゃりっとした風合いに。

合わせもいろいろ楽しめます。

薄めのニットやベスト+足元にショートブーツ...

ワイドパンツとの相性も良いです。

 

今年はよりカジュアルにも着ていただけるように、ストライプにも挑戦しました。

さて、どんなコーディネートでお召しになりますか?

 

 

濃い羊のこげ茶。

安心定番色で、合わせも広がる1枚。

 

 

ミディアムグレー×藍の微妙な色合わせ。

2色の違いを見せる合わせをしたいですね。

 

 

大胆な太めストライプ。

藍染めニットと合わせて着てみたい!

 

 

グレー×白。

生成りのマトカシルクのブラウスとの取り合わせ...素敵そうです。

 

織りだけで仕上げるヒマラヤウールアイテムで楽しい秋のはじまりです。

台形腰巻は、織り方着方の工夫次第で広がりがあります。

お客様それぞれの着こなしと工夫もとても楽しみです。

 

 

information

・Afa 真砂三千代 gagnamakiの布で作る衣

9/14(金)〜18(火)

 

・松屋銀座 「絲合わせ、布合わせ」

9/26(水)〜10/9(火)

松屋銀座7階 遊びのギャラリー

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

初秋の新作ストール

8月も後半になりました。

そろそろ秋の風も・・・と思いますが

今年はまだしばらく夏が続きそうですね。

 

今日は新作ストールを少しご紹介します。

 

半発酵させた藍で染める事で、

春夏の透明感よりも少し落ち着いた色に。

緯糸に一つ一つ手でつないだつなぎ糸を入れました。

今から秋冬の首元のアクセントにとてもきれいなストールです。

 

霞空羽 細巾ストール

価格  36,000円+税

素材  黄繭×座繰り絹×家蚕

サイズ 約52cm×175cm

 

 

人気の薄ムガ格子のシリーズも

春夏に紹介したものよりも少し濃い色で織り上げました。

ムガシルクの縮みによってうまれる表面の凹凸感が

ふんわり心地良くて、これからの薄手のウールものとも相性が良さそうです。

 

色は、上品な薄紫、水色、生成りなど。

季節問わずお使いいただけるストールです。

 

薄ムガ格子

価格  37,000円+税

素材  黄繭×家蚕×ムガシルク

サイズ 約40cm×175cm

(ピンクと水色は巾が45cmになります)

 

これから秋に向けて新作のストールも色々届きます。

入荷しましたらブログでご紹介していきますので、

ご覧いただけたらと思います。

 

写真では伝えられない色や肌触りなどもありますので、

一番は、各地の展示会で実際に手にとっていただきたいのですが

お近くでご紹介が無い場合はお送りも出来ますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

真木テキスタイルスタジオ 酒井