Maki Textile Studio
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ヒマラヤウールのフードコート

今年は暖かな日が続き、

秋の訪れも一歩一歩ゆっくりでした。

ここ数日はいいお天気ながら寒い日も多くなり、

ようやく秋が深くなってきたように思います。

 

紅葉の季節ですね。

 

 

 

今日は肌寒くなるこれからに着ていただきたい

ヒマラヤウールのフードコートをご紹介します。

 

ヒマラヤの麓で育つ羊の毛は

しっかりとした質感があり、毛質もワイルド。

そのため、保温性もあり、軽くてとても暖か。

 

たっぷりと布を使った襟元は、

外に開いても、内側に折り込んでも、

無造作にくしゅくしゅしても・・・

フードのようにも・・・

と色々な表情で着られるます。

 

上の写真はロングコート。

ひざ下まですっぽり覆う丈で存在感があります。

 

 

こちらはショートコート。

お尻が隠れる丈なので、カジュアルな印象です。

 

 

ロング丈は・・・2色

生成り×ライトグレーの切り替え

ライトグレー×ミディアムグレーの切り替え

⚫価格 65,000円+税

 

 

ショート丈は・・・4色

生成り×ライトグレーの切り替え

ライトグレー×ミディアムグレーの切り替え

ミディアムグレー一色

チャコール一色

⚫価格 58,000円+税

 

どちらも、手紡ぎヒマラヤウールと

やわらかなメリノウールを織り交ぜました。

手紡ぎならではの風合いのあるコートです。

是非ご覧ください。

 

真木テキスタイルスタジオ 酒井

 

 

冬へ向けて

年をかさね、織をかさね展も無事に終了し、

静かな竹の家に戻っています。

 

 

記念ストール、チクチククッション、アートピース、

ワークショップに布巻き会、お話会、ラケッシュのランチ、

timokeのサモサにtocoro cafe…

盛り沢山の一週間でした。

お越しいただきました皆様、ありがとうございました。

 

 

さて、ますます寒きなってきた今日この頃。

makiの布衣の出番も多くなってくる季節です。

ganga makiでは冬物のストールもまだまだ制作中です。

 

 

こちらは復刻されたコーズのブラック。

タテ糸が全てウールで柔らかく、ヨコ糸にはタッサーシルクもたっぷり。

巻きやすくて暖かい、冬にぴったりな一枚です。

 

 

こちらは織り出しサンプルですが、

シルクとウールの手紡ぎの混紡糸をメインに使ったマフラー。

カジュアルな雰囲気で、くるっと巻きやすく、

男性にもオススメな一枚になる予定です。

どちらも11月後半ごろから店頭や展示会でご紹介します。

 

竹林shopは通常営業しております。

秋の紅葉もこれから深まっていきそうです。

お散歩がてらに、お越しいただければ嬉しいです。

 

真木テキスタイルスタジオ

服部

 

 

 

展示会5日目...

文化を日を挟んで最高のお天気にめぐまれている展示会。

5日目を迎えています。

昨日はカード織り、今日は椅子張りワークショップもあり無事終えました。

ランチも4日目からタンドールとなっております。

 

あっつあつのチャパティにギーというインドのバターをのせて...

とろける一口が最高に美味しいです。

 

 

 

11/4(火)カード織りワークショップは好評により午前と午後の2回。

糸を選び、カードにセットするのに1時間半ほど。

 

それからわくわくと織りがはじまります。

仕組みが理解できるとご自宅でもいろいいろな糸で試していただけると思います。

 

 

11/5(水) 椅子張りワークショップ

10年ぶりの椅子張りでした...少し緊張しました。

タッカーというホチキスの大きなサイズのもので留めていく説明を。

 

だんだんと体も熱くなってきます。

 

みなさんしっかりとできあがりました!!

ワークショップもまたGWなどに企画したいと思います。

お楽しみに。

 

 

年をかさね織をかさね」展は11/8(金)まで。

Rakeshの美味しいランチ、tocoroさんの珈琲と焼き菓子、Timokeのサモサなど食もいろいろ。

そしてmakiの布も秋こっくりたっぷちそろえております。

期間中お天気つづきそうです、ぜひお出かけください。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

年をかさね 織りをかさね 展 初日

 

年をかさね、織りをかさね 展、初日を迎えました。

 

今回は、母屋二階に展示しておりますアート作品とshopの催しを

少しご紹介いたします。

 

二階の窓からの自然光…

時が止まったかのような静けさがあります。

 

 

Floating Sun

 

ずり出し絹糸

 

インド夜香木

インド木藍+インド夜香木

柘榴

紅花

 

 

CLOUD 彩雲

 

ずり出し絹糸

タッサーシルク

黄繭ずり出し

 

インド夜香木

マリーゴールド

蓼藍生葉

紅花

福木

ログウッド

 

 

千秋さんのスケッチ。

こちらには作品ごとに藍の産地が記されています。

 

 

母屋一階には、実際に作品に使用した糸の展示も。

鮮やかなカラーパレット。

 

30年の歳月を経て、また新たな展開へ。

 

母屋以外にも作品を展示しておりますので合わせてご覧ください。

 

 

竹林shopでは、初日と明日3日(日)スタッフによる“布使い布巻きminiショー”を開催。

両日とも在廊しております真木千秋によるものづくりのお話も交えて気軽にご参加いただけます。

 

写真は、ねじり帽子のかぶり方をご紹介中。

この帽子の木型を製作してくださった造形作家のマスミツケンタロウさん(偶然いらっしゃった)に当時のお話をお聞きしました。

 

より布使いを身近に感じていただける機会となりましたら幸いです。

 

記念ストールやちくちくクッションもまだ店頭でお手にとってお選びいただけます。

期間中、楽しんでいただけるよう秋冬の布衣も充実しております。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

「年をかさね織をかさね」

11/2(土)〜8(金)

11:00〜17:30

 

○shop makiの秋布衣

 

○母屋1&2階 makiアートピース展示販売

 

○event

・田中ぱるば 映像紙芝居「30years in india」13:30ー(11/2.3は13:00-)

 

・mini布巻会                      11/2.3  13:00-  shopにて

 

・カード織りワークショップ 11/5(火) 11:30- 14:30-(受付終了)

 

・椅子貼りワークショップ    11/6(水) 11:30- (受付終了)

 

○lunch

Rakeshのランチ  毎日12:00-15:00 予約不要

11/2-4 マサラドーサ(インド風クレープ)

11/5-8  タンドールローティと野菜カレー

 

○ティモケのサモサ   11/3.8以外毎日 12:00-15:00

インドの香ばしいお手軽スナック。

 

○cafe

tocoro cafeのコーヒと焼き菓子  毎日12:00-17:00

 

 

真木テキスタイルスタジオ

本田

 

 

 

 

 

明日から「30周年展」はじまります!

今日は秋晴れのとても気持ちの良い一日になりました。

 

明日からの「年をかさね 織りをかさね 展」にむけて

準備の真っ最中です。

 

今回は30周年の記念イベントということもあり・・・

いろいろなお楽しみをご用意しました!

 

 

30個限定のちくちくクッション。

makiの今までの織り生地を使って作ったクッションは

どれも同じもそが無く見ているだけでもワクワクします。

 

 

各色30枚づつの記念ストール!

藍と蘇芳の力強い色は、秋にぴったりです。

デザインも色々なので、ゆっくりお選びください。

 

 

もちろん、秋冬の衣も充実。

 

 

入荷したばかりの新作アイテムも沢山加わり、

この秋一番の充実したご紹介になりました!

 

 

今回は使う用途に縛られず、

糸や色の力強さ、優しさ、はかなさ・・・

自然に近い風合いに魅せられながら、

真木が楽しみながら制作した「アートピース」が

竹の家のそこここに展示してあります。

メインは母屋の1、2階。

 

 

ランチは久しぶりのラケッシュランチ!

奥さんのスリスティと6か月の赤ちゃんラッシーも

インドから来てくれました。

日替わりでドーサやタンドールランチをお出しします。

 

3日、8日以外は samosa wala timokeのサモサや

母屋では、おなじみtocoro cafeも毎日出店です!

 

是非、ゆっくりとお楽しみください。

 

 

 

「年をかさね 織りをかさね」

2019年 11/2(土)〜11/8(金)

会期中無休     11:00〜17:30

 

真木テキスタイルスタジオ 酒井

 

 

 

 

 

Memorial showl つづら織

11月2日からの展示会「年をかさね、織をかさね」の準備も終盤です。

ラケッシュ一家も到着し、カフェの準備も進んでいます。

30年の記念となる展示会、ぜひ東京五日市までお越し下さい。

今日はこの展示会に合わせてつくりました、

「Memorial showl つづら織」をご紹介します。

 

 

これまで、折り返し織りと呼んできた技法ですが、

今回からつづら織りと名称も一新し(詳しくはこちらをご覧ください)

これまでにない、中央部分につづら織りが入ったデザインです。

 

 

「Memorial showl つづら織」青色を織ったのは、

最近、ganga makiに加入したユスフ。

実は彼、makiのデリー時代からの織師の一人。

デリー時代に折り返し織りストールを初めて織った職人でもあります。

今回は中央部分につづら織りが入るため、杼は3本。

通常より手間がかかります。やっぱりスペシャルな一本。

 

 

つづいて赤色を織ったのはタヒール。

彼もデリー時代からの織師で、オールマイティに織れる職人です。

青色より、デザインに自由度が増しても、平然と織り上げていきました。

 

「Memorial showl つづら織」

色やデザインを選ぶのも楽しい展開になっています。

使っている素材は、工房で手挽きされたずり出しの絹糸、

タッサーシルクギッチャやカティアなど、

インドの魅力が詰まった一枚です。

今回は特別記念価格で15,000円(税抜き価格)

ぜひこの機会にお手に取ってみて下さい。

 

真木テキスタイルスタジオ

服部

 

 

 

「年をかさね織をかさね」に向けて

秋雨の一日、10月もいよいよ最終週となりました。

明日からはお天気回復予定です。

そして今週末、11/2(土)〜8(金)の1週間、竹林shopは節目の展示会を開催します。

 

千秋さんがインドへ赴き織り物作りを始めて30年。

デリーの工房から始まり、時を経てデラドゥンのganga工房へ....

日々目の前の素材から物作りをしていて気がついたらそんな年月が経っていたのだと思います。

そしてこれからも同じ時を紡ぎ続けるのだと。

私たちも千秋さんの物作りを一緒に楽しみながら、驚きながら、感動しながら...楽しみで仕方ありません。

色々思い出すとウルっときてしまいそうです。

そしてひっそりと竹林も20年。

ボロボロ?だった竹の家をスタッフ総出で手を入れたことがそんなに昔でないような、もっと昔のような不思議な気分。

 

それもこれもmakiの布を愛でて、長く愛用してくださるみなさまがいてくださるからこそ。

それなくしては長く続けることも、続けたいと思うことも困難なことと思うのです。

この場をおかりして....

本当にmakiの風合い色々な布を愛していただき、感謝しております。

引き続きmakiペースな織物作りに寄り添っていただけると幸せです。

 

今回の展示会は色々盛りだくさん!

記念ストールもチクチククッションも全て揃いました、総仕上げの真っ最中です。

どれもこれもドキドキするくらいの出来上がり。

 

それだけではありません。

久しぶりのワークショップも開催。

こちらどちらも予約終了しておりますが、カード織りも椅子貼りも側からぜひ覗きてみてくださいね。

(私も10年ぶり?の椅子貼りに緊張しております。粗相がありましたらお許しください...)

 

寒い冬仕度に暖かい衣や布もたくさんお届けします!

 

ウールシルクのkotiワンピース生成りとかけ布ふくふくcolorの組み合わせ。

かけ布はまだコートまで必要ないこの季節から使いはじめ、コート上から纏えるアイテム。

グリーンが効かせ色ですね。

kotiワンピースはゆったりしているので、インナーに色々組み合わせ楽しいアイテム。

 

冬定番のkotiボレロ。

今年は、ホワイトグレー・ミディアムグレー(写真)・チャコールの3色。

 

memorial shawlの赤色 経糸(たていと)と....

 

お試し注も含めて、ちあきさんより届いた織り柄。

赤色は緯糸(よこいと)デザインも数種類ございます。

とっておきの一枚を...。

中央で折り返すつづら織りははじめての試みです!

 

まだお伝えしたことが盛りだくさん。

毎日ブログでご紹介していきますね。

期間中、比較的お天気に恵まれそうな一週間、この機会ぜひお待ちしております。

 

RakeshとSristyそしてBabyちゃんも明日日本到着予定です。

ひさしぶりのRakeshランチもお楽しみに〜

 

 

 

「年をかさね織をかさね」

11/2(土)〜8(金)

11:00〜17:30

 

○shop makiの秋布衣

 

○母屋1&2階 makiアートピース展示販売

 

○event

・田中ぱるば 映像紙芝居「30years in india」13:30ー(11/2.3は13:00-)

 

・mini布巻会                      11/2.3  13:00-  shopにて

 

・カード織りワークショップ 11/5(火) 11:30- 14:30-(受付終了)

 

・椅子貼りワークショップ    11/6(水) 11:30- (受付終了)

 

○lunch

Rakeshのランチ  毎日12:00-15:00 予約不要

11/2-4 マサラドーサ(インド風クレープ)

11/5-8  タンドールローティと野菜カレー

 

○ティモケのサモサ   11/3.8以外毎日 12:00-15:00

インドの香ばしいお手軽スナック。

 

○cafe

tocoro cafeのコーヒと焼き菓子  毎日12:00-17:00

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

11月の竹林 “ちくちく”

 

 

 

こんにちは。

今日は久しぶりの晴天。

すっかり秋景色の竹の家です。

 

そろそろ11月の竹林展のご案内が届いている頃と思います。

webページ詳細はこちらから。

 

スタッフを含め、好きな方の多い“ちくちくシリーズ”。

makiのハギレをパッチしてちくちく刺し子にしたものは、同じものはなく、すべて一点限り。

一期一会のように、その時々で気に入った“ちくちく”を集めている方も。

 

今回は、鍋敷きや花器置きなどにぴったりなちくちくLoop、ポシェット、手提げ。

そして…

11月展 「 年をかさね、織りをかさね 」30 years in India に ちなみ、

限定30点のMemorial itemちくちくクッションをご紹介します。

 

_

 

 

カラフルなパッチとステッチ。

どの色も良さがあり、選ぶのを悩んでしまいます…

 

 

ループにはタッサーシルクの草木染め布を使用しています。

ステッチの間隔もそれぞれで凸凹のテクスチャーがかわいいのです。

 

 

裏地もそれぞれ違い、どちらの面も楽しめます。

プレゼントにもおすすめな一枚。

 

ちくちくLoop 四角

4,000円+税

 

 

 

スタッフ愛用者の多い、ちくちくポシェット。

携帯とハンカチをポシェットに入れてポケット代わりに。

 

 

グンディ(くるみ)ボタンがついているので

小銭入れやコンパクトなお財布も入れられます。

 

ちくちくポシェット

10,000円+税

 

 

携帯がすっぽり入れられます。

コーディネートの遊びにもかわいいアイテムです。

 

ちくちくポシェット 長四角

10,000円+税

 

 

リバイバルのちくちくの手提げ。

軽くてコンパクトになるところが日常使いや旅行の際に最適です。

A4サイズの書類がすっぽり入ります。

 

 

こちらもグンディボタンで口が閉めらて安心です。

 

ちくちく手提げBag

21,000円+税

 

 

ポシェットや手提げに使われているグンディ。

竹林shopで販売もしています。

 

グンディ

1個 250円+税

 

そして、Memorial itemの“ちくちく”…

 

カラフルでたのしげな配色。

30点すべて違う組み合わせの“ちくちく”クッション。

過去一度だけ登場した貴重な復刻アイテムです。

 

 

どれにしようかな〜とクッションを前に、嬉しい悩みとなりそうです。

ぜひ、店頭でご覧下さい。

 

ちくちくクッション

記念価格10,000円+税(中綿つき)

 

年をかさね、織りをかさね

2019年11月2日(土)ー8日(金)

会期中無休 11:00ー17:30

 

真木テキスタイルスタジオ

本田

ganga makiの日常

今日は数名のゲストが来られ、

水面に花を浮かべてインドスタイルのおもてなし。

 

 

今はちょうど夜香木などの花の季節。

染料にもなる花々ですので、花摘みも大事な仕事の一つ。

千秋さんも黙々と摘んでいます。

 

 

染め場では藍染や茜染、フェルトや洗いの仕上げなど

様々な作業が進められています。今日も沢山の製品やサンプルが干されていました。

二つ穴のケープベストが、なにやら一反木綿に見えるてくるのは私だけでしょうか?

 

 

今日のタテ糸づくりは新作のウール系マフラー。

モコモコした造形になる予定です。

明後日から織り出しが始まります。

 

 

こちらは11月2日から始まる展示会「年をかさね、織をかさね」の

30 years in India, Memorial itemの折り返し織りストールの赤。

ずり出しの絹糸とタッサーシルクギッチャの合わせが力強く、

インドの魅力溢れるストールに仕上がっています。

是非お見逃しなく。

 

椅子張りとカード織のワークショップも受付が始まっております。

定員はそれぞれ10名と僅かではありますが、

興味のある方はお問い合わせください。

 

真木テキスタイルスタジオ

服部

 

 

ふくふくの新作衣

週末に猛威をふるった台風・・・。

各地の想像をはるかに超えた被害。

毎日のニュースを見ては心が痛みます。

ここ竹の家は大きな被害は無かったものの、

すぐそばを流れる秋川は氾濫し、川沿いの方は眠れない一夜を過ごされました。

少しでも早く、普段の生活に戻られるようにと祈るばかりです。

 

 

 

10月も半ば。

ここ数日でぐっと冷え込んで来ました。

今日は暖かなふくふく生地の新作衣を紹介します。

 

普段、makiのスタッフも、

makiの表情豊かな織り生地のパンツやスカートに

シンプルなニットを合わせる事が多く、

うちでも、シンプルなニットのような柔らかな質感の織りが出来ないか・・・

と考えて織り上がったのがこのふくふく生地。

 

手紡ぎのヒマラヤウールと細いメリノウールを交互に織り合わせ

ガーゼ素材のような、軽くて暖かな生地です。

 

今年は形も一新して、シンプルな生成りで作りました。

どんな形のボトムでもきれいに合わせて頂ける

プルオーバーです。

 

ふくふくプルオーバー

価格 34,000円+税

素材 ウール100%

 

 

定番のケープベスト。

こちらもマリーゴールドの黄色と、

ナチュラルグレーのふくふく生地で。

 

後ろの切り替えもカジュアルでかわいらしい印象です。

こちら以外にも生成り一色もあります。

 

一枚の布なので、たたみ方でマフラーのようにも

使って頂けます。

 

ケープベスト ふくふく

価格 24,000円+税

素材 ウール100%

 

 

この他にも、カーディガンやショールなど・・・

ふくふく生地で作ったもの、アイテム色々あります。

肌寒くなったこの時期に是非ご覧下さい。

 

真木テキスタイルスタジオ 酒井