Maki Textile Studio
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
夏だより

午後の陽射しが美しい竹林の店。

木々を見上げるのも気持ちが良い今日この頃。

 

 

 

母屋裏の垣根も夏仕様にすっきりと刈っていただきました。

風も光も通り、気分も晴れやかに。

 

さて、6月22日(土)ー28日(金)まで、

「ganga maki 夏だより」と題した展示会を

竹林shopで開きます。夏の定番の綿カディ、

極薄綿のマンガルギリの衣や、カディを使った四角布、

ベッドシーツやカポッククッションなどが並びます。

 

 

ganga maki から届いた写真には、

カラフルで涼しげな夏服が並んでいます。

 

 

もうお馴染みのカディ。

手紡ぎ手織りならではの肌触りで、着心地もよく、

夏の普段着にぴったり。

日本の暑〜い夏も、涼しげな衣で

気分も明るく乗り切りたいですね。

 

イベント中のlunch & cafe

ランチは、22(土)ー24(月)の3日間は

加藤けんぴ店さんのおにぎり定食と汁物

25(火)ー28(月)の4日間は

魚冶さんの手毬ずしと姫ちらし

 

 

カフェは会期中毎日、tocoro cafeさんの

ドリップコーヒー、焼き菓子、アイスクリームなど、

今回も充実しています。今から楽しみです!

 

「ganga maki 夏だより」の情報は、

こちらのブログやホームページでも

続々アップしていく予定です。

どうぞお見逃し無く!

 

真木テキスタイルスタジオ

服部

生成りの季節

GWも明けて10日。

日常の10日もあっという間に過ぎる毎日ですね。

奄美大島が梅雨入りのニュース...そんな季節になったのだなと一年の流れを感じるこの頃です。

 

太陽と風と光が巡るめくこの季節になると

身につけるものも気持ちも軽やかになります。

試してみたい色があったり、定番でしっくり...と冬より気軽に楽しめるのもこの季節。

makiも今春は、赤や藍そして薄グレーのストールや衣を作り、makiさんには珍しい色揃えねと

チャレンジしてくださっているお客様もいらして嬉しい限り。

 

その中でもはや定番というより、いつもあるmakiの「生成り」。

タッサーシルクのベージュ

マトカシルクの白

シルクオーガンジーの白

など、素材そのものの色が生成り。それがmaki布のルーツでもあります。

 

五月この時期は全身明るめ生成りの装いは気分も上がる!

布もスタイルも定番makiスタイルで初夏を楽しむのはいかがでしょうか?

そして、ストール使いで色々な表情に...

 

 

シルクオーガンジーとタッサーシルク生地のタンクトップを重ねて着ると

布の奥行きが出て透け感がとても綺麗です。

合わせるボトムは、

麻×タッサーシルクナーシの麻タビー生地のパンツ。

定番セットアップです。

 

+麻ウネミックス白ストール

生成りの濃淡を楽しめるコーディネート

 

クローズアップすると、このような透けがあります。

 

 

+霞空羽ストール藍(後染め)

先日ganga工房で後染めした藍ストール。

生成りと藍の組み合わせは格別です。

 

 

+ケープベスト混紡

ケープベストを首と肩に巻く使い方です。

冷房や日よけの際にはベストとして着られる2wayです。

素材感がしっかりとあるベストですので、布の風合いが楽しめます。

 

 

+ストールマルダ

ザクロで染めた濃いめストールをくるりと小さめに巻くと

キリッとしてカッコ良いセットアップに。

 

 

すでにお手持ちのmaki衣に少し変化をつけたいなという時に、ストールが活躍します。

そしてお使いのストールに少し飽きてきたら、いつもと違う衣に巻くとまた新鮮!

 

定番の衣は思ったより少なく(ご存知のお客様は多いと思いますが...)、

季節の新しいスタイルや生地もやはり特別ですが、「そこにあるいつものmaki」も改めて目を向けると

気づきがたくさんありますね。

 

また竹林shopにお立ち寄りくださった時や、お近くのギャラリーさんでの展示などで

ぜひお手にとってご覧になってみてください。

新しい発見があるかもしれません。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

「布のいのち」展 終了しました。

maki史上初の9日間に及んだGWイベント

「布のいのち」展は無事に終了致しました。

会期中、沢山のお客様にご来店頂きました、

ありがとうございました。

 

 

平成から令和へと代わるなか、

竹林shopや母屋では、いつもと変わらず

ゆったりとした空気が流れておりました。

 

 

「布のいのち」すこし重みのあるコンセプチュアルな

タイトルになった今展、大きな裂織りのタペストリー

「Memoria」をメインビジュアルに据えました。

様々な制作過程から出る、小さなハギレ一つ一つを

大切にしたものづくりは、makiの思いと

ganga maki工房の技があってこそのものだと思います。

 

 

今展はアートピースも点在し、

いつもと少し違った一面もご覧頂けたと思います。

色々な試行錯誤の中から、新たに生まれる表現が、

これからのmakiのものづくりに生かされていきます。

 

 

会期中には真木千秋による絹糸のずり出しも

実演され、お客様にも体験いただきました。

手仕事の面白さを感じて頂けたのではないでしょうか。

makiはこれからも素材に向き合って

ものづくりを進めてまいります。

 

 

今回のlunch & cafeも充実しておりました。

tocoro cafeのコーヒーと焼き菓子とアイス。

samosa wala timokeのプレートとサモサ。

キムクマカレーの2種のカレー(写真)。

どれも美味しかったぁ。

 

 

今週からまた普段の竹の家、竹林shopに戻っています。

竹林shopは毎週水曜日から日曜日まで

通常通り営業しております。

光と新緑の美しい季節。

ゆったりとした時間を過ごしにお越し下さい。

 

真木テキスタイルスタジオ

服部

 

 

 

 

 

2019GW 竹林

青空の中、ひらひらと舞いながら散る桜...

日本人で幸せだなと思う季節です。

 

4月に入りもう2週目。

あっというまに春がやってきて、そして世の中はGWへ向かっています。

竹林のGW、今年もイベント開催です。

期間は、元号をまたぐ4/27(土)〜5/5(日)までの9日間!!

長いお休みにふらりとあきる野へ寛ぎにいらしてくださいね。

 

イベントの詳細は...

初夏に向けてのmaki布衣いろいろ、

シルクオーガンジーのはぎれをパッチしてつくる四角布(90cmほどの正方形)、

そして同じ布を裂き織りしたアートピースのようなタペストリーは竹林展示会で初お披露目!

などなど盛りだくさんです。

 

もちろんlunch&cafeも。

・lunch

4/27-30    キムクマカレー「季節野菜のカレー」「鶏そぼろ和風キーマカレー」

5/1-5         samosa wala timoke 「春野菜とスパイスのThali Plate」(野菜とスパイスのプレートごはん) & サモサ

 

・cafe

4/27-5/5  tocoro cafe (5/1.2おやすみ)  ドリップ珈琲 & 焼菓子 (珈琲豆も販売します)

食も存分にお楽しみいただけるGWです。

 

 

そしてそして、お正月過ぎにインドへ向かった千秋さんもイベント在廊です。(後半のみ)

5/2(水) 3(木)は、「真木千秋による絹糸ズリ出し」を日中しております。

飛び入り歓迎ですのでこの機会にズリ出し体験もされてくださいね。

ズリ出しとは.....またブログでご紹介します。

 

ganga工房でのズリ出し作業

 

その糸をふんだんに入れたストール。

新しい肌触り!

 

 

芽吹きの竹林では、藍や生成りいろいろな草木染めの布布が...。

(こちらの生成りストールはズリ出し糸ではなく、座繰り糸が入っています)

絹の生成りもそれぞれの素材感と色目があり、深いですね。

 

引き続きこちらでアイテムなどご紹介していきます。

お楽しみに!

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

 

竹林3月の企画

昨日は春が来た?と思うような気候でポカポカ。

そして花粉もはじまりました...。

今日は一転、薄雲で寒い。

まだ春は遠いかなと思う朝でした。

 

竹林2月のお楽しみ展も今週月曜に終了し、shopもすっかりと静かに。

期間中、冬最後のお買い得を色々お求めいただきありがとうございました。

次回は春物が色とりどり並びます!

 

その次回は、「House 増満兼太郎」造形作家さんのマスミツさん。(3/2土〜6木)

皮素材を主に使い、日常のいろんなシーンに使える作品を作られています。

バッグ、サボ、ベルト、ポシェット、そして真鍮の装飾品、オブジェやなんと珈琲焙煎機!まで幅広く、どこまでも...。

 

皮小物はやはり使っていくことで変化していく姿が魅力。

これはmaki布も同じことかなと思います。

私がマスミツさんの作品を使わせていただくようになってかれこれ10年以上になるかと....

その間に成長した姿を改めて見てみると、自分が映し出されているような気持ちになります。

 

 

バック、miniポシェット、ベルト...

 

 

 

ベルトのパーツが魅力的。(普段はほとんど見えないのですが)

 

 

 

「手の跡」が積み重なっていく皮の変化...

 

 

ファスナーのヘッドパーツがたまりません。

今のサイズはこちらより大きめとなり、iphoneもすっぽり入ります。

 

 

左はメンズ。3年使用

右はレディース。昨年より使用。

サボの色は、ヌメ(生成り)、濃青、赤、カーキ、緑etc、その時によって色々。

この赤は足をすぽっと入れるだけでテンション上がります!!

 

 

この機会にマスミツケンタロウさんの世界に浸りに、春の竹林shopへいらしてください。

短い5日間の開催です。

お待ちしております。

 

House 増満兼太郎展

3/2(土)~6(木)

11時ー17時

lunch    3/2&6 キムクマカレー    3/3~5 Samosa wala timokeのインドミー(サンドイッチ) 各日12時~15時

cafe      tocoro cafe in 母屋 期間中毎日 12時~17時(last order 16:30)

 

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

竹林2月のお楽しみ 「春衣 楽しい色目」

立春のポカポカ陽気から一転、今日はこの季節らしい寒さに戻りましたね。

身体もびっくりします。

 

まだ寒さ続く2月、

「竹林 2月のお楽しみ」展では冬のお買い得がずらりと並ぶ中、今年の春服も一足先にご紹介できる機会となります。

今日は春色の赤をご紹介。

 

makiの春色といえば、どんな色目でしょうか?

生成りや藍、薄いブルー、黄色..などいろいろ作っておりますが、

今年の色の一つは「赤」。

なんとなくウキウキできて、タッサーシルクのナチュラルと相性も良さそう....

元気印の赤色生地で今年の春が始まります。

 

麻×タッサーシルクで、いつもより少し厚みをすっきりとさせて織った服生地。

縦糸の赤色が麻、緯糸のタッサーシルクはナチュラルカラーです。

朱赤のように見えるのも真っ赤でもなく、オレンジでもなく...と色検討して少しでもmakiらしい色目にと。

 

写真はフレンチスリーブのチュニックカラー。

まだすぐお召しいただくには早いアイテムですが、2月となると気分的になんとく明るく楽しい色に目が奪われます...。

 

同じ生地で、春ジャケット。

ゆったりとしたラグラン仕立てですので、ちょっとしたコート代わりにも。

バイヤスに出る布目が新鮮です。

 

 

こちらは定番スタイルのチュニックVネック。

七分袖なのでお召しいただくシーズンは長め。

 

そしてこちらは、「春格子 赤」。

大胆な格子柄に見えますが、麻の赤と生成り+タッサーシルクナチュラルの

合わせでグッと落ち着いた雰囲気に。

でも楽しげに。

 

 

「竹林2月のお楽しみ」期間中、shop2階は春色満載でお出迎えしたいと思います。

お待ちしております。

 

2/9(土)〜18(月)

会期中無休 11時〜17時

 

 

●竹林cafeは tocoro cafe !

2/9-13 ・2/16-17

12時ー17時

ラテ&スイーツ

期間中、チクテベーカリーさんのパンがお目見えする日があるかもしれません!!

(数に限りがございますので、ご了承ください)

また詳細がわかり次第こちらでもご紹介します。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

House マスミツケンタロウ

はぎれ&反物市も終了し、しばし静かな竹林shop。

次回展示会は「竹林2月のお買い得」 2/9(土)〜18(月)を予定しております。

また続々とアイテムご紹介もさせていただきます。

 

 

HP雑記帳にも掲載されておりますが、造形&革作家・Houseマスミツケンタロウさんのアトリエへ

訪問させていただきました。

3月展示会打ち合わせ。(3/1金ー5火)

風の強い日でしたが、日向はポカポカ。

中央道から見えるアルプス山脈の美しさに惚れ惚れしながらの道中...。

 

到着した山梨のアトリエへ実は3年前にも遊びに来たのですが、そこからの進化が素晴らしく。

マスミツさん自ら手を動かし、どの空間もマスミツさんの空気感。

年に一度はopenアトリエもされているそうですので、HPやInstagramを覗いてみてくださいさいね。

 

何か作りましょうと、真鍮をカットし叩いて風合いを出し、あっという間にバングルになっていく時間。

何を話していたかというと...

昨年3週間旅をしたマニアックなインドのこと。

(これはまたご縁がある時にお聞きくださいね)

 

 

インドで自ら製作してきた鉄の小物。

 

 

アトリエの片隅には仕上げ途中のカラフルなルームシューズ。

 

 

革ポシェット。

色のバリエーションが増えているのと、昨今のスマートフォン対応?でサイズも一回り大きくなっています。

この色目、写真で伝わるでしょうか...素敵な薄グレー。(欲しい!)

 

家中どこを見てももう一度見直してしまうくらい、小さな小さな手の跡がある。

その集まりがすべての空気感を作っているのだなと改めて感じました。

3月の展示会、とても楽しみです。

 

 

お昼はパートナーの料理家セトキョウコさん手作りプレート。

もちもち食パンも焼いてくださり、至福のランチでした。

(ぱるばさんの表情でお察しください)

 

 

展示会では、千秋さんもスタッフも愛用しているサボやポシェット、布&革バック、端革(はがわ)で作る小物など...

竹林shop1階はHouse マスミツケンタロウ ワールドになります。

お楽しみに!!

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

竹林8月のお買い得・その3「反物」

猛烈な暑さも和らいだ数日...それでも30℃は超えているのですが。

少しはほっとした気分になります。

 

竹林8月展も近づいてきて、日々細々とした準備をしております。

ストール、服、小物、反物などの布以外に、

gangamaki工房オリジナルの「マンゴーピクルス」「ジャックフルーツピクルス」など、楽しいアイテムも初登場。

 

本日は反物のご紹介。

makiでは一年中様々な「生地」をご紹介しています。

シルクは年間通してですが、ウールは服、綿や麻は春夏..という大きく2シーズンに分かれています。

今夏は薄め生地を中心にお買い得価格で並びます!

 

こちらは昨日インドから届いたばかりのコットン生地。

カラフルさが暑い夏に映えます。

薄綿のマンガルギリとミディアムカディ。

(麻100%モックレノ生地も.  ★「糸糸雑記帳7月12日(木) 大いなる訳あり」ご参照ください。)

 

 

 

7月のカディ展でも紹介したカディ&マンガルギリやタッサーシルク。

 

 

 

細幅反物も充実です。

 

 

ハギレ市のみで紹介している「新井淳一さんの布」。

その中から涼しい生地が並びます。(¥1000/m〜2000/m が20%offですよ!!)

 

 

 

この暑さの中では涼しい布で体を包みたい...。

簡単なサロンやワンピース、または目で涼を楽しむカーテンやディバイダーとしても

使い方いろいろです。

 

shopで展示しているmaki反物は、全て40%offです。

お買い得の夏を探しにいらしてください。

 

 

 

「8月の竹林 2018」

8/1(水)〜8/10(金)

会期中無休 11時〜18時

 

Lunch & Cafe

 

□samosa wala timoke

8/1,2,3 インドランチ

8/7,8,9,10インドミー

 

□CICOUTE BAKERY

8/4パン

8/5パンとサンドイッチ

 

□tocoro cafe

8/1,2,3,4,5ドリップ珈琲&スイーツ

8/7,8,9,10ラテ&スイーツ

 

※6日のlunch&cafeはお休みです。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

夏の綿服展、終わりました。

今日は夏日でした。

竹の家では今年はじめての蝉の声を聞きました。

梅雨も忘れてすっかり夏気分です。

 

夏の綿服展、shop・ランチ・cafeといろいろとたのしい毎日...

暑い日中にお越しくださいましてありがとうございました。

店内にはまだ綿服ご紹介しておりますので、週末もお待ちしております。

 

昨日今日の風で大木のけやきから小枝がばらばらっと落ちる音が...

上を見上げるとキラキラした光。

この大木が太陽の光をほどよくさえぎり、竹の家庭は気持ち良い毎日です。

 

 

照明を消した店内。

窓から見える竹の清さがすきっときりっと。

 

 

これからの予定は...

・竹林shop   8/1(水)〜10(金)       「8月の竹林 お買い得の夏」

・竹林shop   9/15(金)〜19(水)     「Afa 真砂三千代 maki布で作る秋衣」(仮)

・松屋銀座    9/26(水)〜10/9(火)  「真木テキスタイルスタジオ秋布衣」

などなど。

展示会やフェアも7月以降各地でご紹介しておりますので、

詳細はHPトップページでご確認くださいませ。

 

いよいよ夏ですね、

短い日本の夏を存分に楽しみましょう!!

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

 

 

 

 

「夏の綿服いろいろ」展 夏の色

昨日のお天気から一転、雨の一日。

梅雨ですもの....と思いながら過ごしております。

 

そんな雨の日に色のご紹介。

綿服の生地は毎年色とりどり、赤 黄緑 青 グリーン 黄色などなど。

makiのシルクは全て草木で染めていますが、綿は洗いの多い夏にご紹介することもあり普段は使わない化学染料で染めています。

ですので色遊びもよりできます。

 

染め方は(以前もブログで書いたかもしれませんが...)、

糸カセ(長い糸を大きな輪にしてまとめている状態)を半分半分、色を変えて染めています。

そうして織ることで布に色の奥行きが出て一色ではない柔らかいイメージに。

 

 

例えば黄色。

強すぎる黄色にならないように、縦糸・緯糸のシェードを変えています。

真夏に黄色のスカート、とても楽しい気分です!

 

 

朱色〜赤色

うっすらと濃淡が。

 

 

 

黄緑は、薄いグレーとのコンビネーション。

 

 

こちらは、薄綿マンガルギリのブルー。

 

真木テキスタイルスタジオらしい、カラフルな夏色。

ボトムにはシルクや麻×シルク生地のパンツと合わせてるとまた雰囲気が変わります。

夏の綿服いろいろを、1週間お楽しみください!

 

夏の綿服いろいろ

6/22(金)〜28(木)

11時-18時

lunch.           12:00〜

tocoro cafe.  12:00〜

 

lunch.

6/22,25,26.27.28.  キムクマカレー

6/23.24                 カフェ いずん堂

 

    

キムクマカレーの季節の野菜カレー.            

 

 

カフェ いずん堂のミネストローネ&キッシュプレート(写真はパンです)

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村