Maki Textile Studio
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ちくちくクッション

しとしと雨が続く週末。

秋の夜長、いかがお過ごしでしょうか。

ぐっと寒くなり暖かい布に包まれて過ごしたい季節となりました。

 

先日の30周年記念アイテムでご紹介した「ちくちくクッション」。

10年ほど前に少しだけ作った以来の限定30個。

集まった様子は、それはそれは可愛くて全部欲しくなってしまうほどでした。

今回お手元に届けられなかったお客様へもぜひご紹介したいと思い、引き続きganga工房で日々製作中です。

少し製作の様子をお届けです。

 

makiには年間通してたくさんのハギレが出ます。

とくに服を縫製する為にカットした布の残りを中心に、カラフルな色、素材感豊かな布などなど。

毎年1月はじめに竹林shopで「はぎれ市」という展示会で販売しておりますが、それでもまだまだ....。

それを利用して作ったいるのが「ちくちくシリーズ」です。

コースター、ポシェット、ショルダーバック、鍋つかみ、そしてクッション。

この布合わせ、色合わせがなかなか簡単なようでセンスも必要。とても大切な工程です。

組み合わせ次第で仕上がりも別物になります。

 

とくにクッションは少し大きなものなので、最新の注意を払いながら。

まずイメージを伝え、組み合わせをセットしてもらい、チェックして、組み換えたり、位置を変更したりと。

出来上がってしまうとなんということなく見えますが...。

 

 

組み合わせのイメージ

色々な色目を伝えてみます。(千秋さん画)

 

 

色分けしているハギレのまとまりから選び、組みわせる。

これはRakeshのお姉さんSaritaの仕事で感覚がとても大切な作業です。

長年の積み重ねでmakiらしさも伝わってきています。

 

 

組み合わせて、仮縫い。

ここから細かく位置や色目を変更したり、そのままオッケーだったり。

 

クッション裏の布はしっかりとしたタッサーカティア。

刺す糸色は大切なポイントなので、効き色を。

 

 

合わせてチクチクと刺して、裏にタッサーシルク布を合わせて、中綿を入れて出来上がり。

 

 

可愛いピンク系

 

 

 

見ているだけでにっこりしてしまいそうな可愛らしさ。

出来上がる色合いはその時々で違いますが、またそれが魅力。

長く作っているコースターも2枚と同じものはありません。

 

maki端裂のゆくえ...

いとおしい布布の新たな活躍の場というのでしょうか。

全てのものは見る角度や、場所、気持ち、環境によって違う景色を見せてくれます。

maki布もご縁あって手にしていただく方に、そんな存在でありたいなと

思う日々です。

 

来年から少しづつではありますがクッション、ご紹介させていただきます!

どこかで出会っていただけると嬉しいです。

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

 

 

 

 

 

秋はじまり

まだまだ蝉の声が日中聞こえる竹の家。

夕方になると秋の虫の声も聞こえてきます。

 

 

ここ最近の定番ヒマラヤウールの「ねじり帽子」。

昨年は冬終わりの入荷でしたが、今年は秋はじまりにかわいい3色揃いました!

 

 

ログウッドの紫、

マリーゴールドの黄色、

そしてラックのピンク ( 新入り! )

 

秋冬帽子にこんなにかわいい色がそろうとおもわず全色欲しくなる...。

 

ラックダイ(樹木に付くラック虫が、木の養分を吸って分泌する樹脂で染める)のピンク。

ヒマラヤウールを染めるとふんわりとやさしいピンク色に。

 

 

インドのマリーゴールドの黄色は力強い色目。

 

 

ログウッドのパープル。

パープルは日本人の肌や髪色ととても相性が良いですね。

 

 

「ねじり帽子」は、別名「自由自在ぼうし」。

どんな風にもかぶることができます。

 

 

袋状の帽子を必要分、外側に折ってからかぶる。

 

 

中側に折ると、すっきりとみえたり...

 

 

もっともっと自由に遊んで楽しめるアイテムです。

こんなかぶり方、使い方がありますよ! を発見してくださると嬉しいです。

竹の家、そして各地の展示会でぜひスタッフにお教えくださいね。

 

makiの秋、はじまります。

 

 

 

 

 

オカベマサノリ 古代ビーズアクセサリー展

2019.9.7土〜11水

11:00〜17:30

 

・lunch 9/7.8        samosa wala timoke スパイスのランチプレート

            9/9.10.11 魚治  姫ちらし&お楽しみランチ

 

・cafe   97-11  tocoro cafe in 母屋

kusa豆とNeji豆によるドリップとスイーツ

 

makiの秋一番をshop2階でご紹介します!

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

 

 

 

ゆらぎ

今週末22日(土)からはじまる「ganga maki 夏だより」

準備も着々と進んでおります。

 

今日はゆらぎのある「ずり出しの絹糸」をご紹介。

 

 

先日インドから届いた、ずり出しの絹糸。

メヘンディで染めた濃淡のグレーと藍の濃淡。

 

 

ずり出しの糸は、繭から直接手で挽く原始的な手法です。

なによりもその特徴は糸のゆらぎにあると思います。

セリシン(絹糸をコーティングする膠物質)が残ったシャリ感のある糸ですが、

撚りも少なく、比較的早く柔らかくなります。

 

 

今回入荷の糸の中には、グラム数が重い、たっぷりとした綛もありますので、

織物をされる方にも使っていただきやすいと思います。

 

ずり出しの絹糸

グレーの濃淡と藍の濃淡の4色

60円/g(税抜き)

 

ここ最近、新しく入荷するストールには、

このずり出しの糸が使われていることも多く、

こちらのおりかえし織りもたっぷり使われています。

 

 

これまでのおりかえし織りと違って、

最初に触れた印象から、布の柔らかさを感じます。

ゆらぎのある、ずり出しの糸を使っているからこそ、

makiの新しい触感ともいえます。

 

 

ストール  おりかえし織り

33 x 170cm

 

「ganga maki 夏だより」では、新作ストールも並びますので、

ぜひお手に取って、この触感をお確かめ下さい。

 

真木テキスタイルスタジオ

服部

 

 

 

 

 

 

 

gangamaki 夏だより

本日もインドgangaよりできたてほやほやのストールやラグ、そして服が届きました!

はるばる海を渡り(飛行機なので渡ってはいませんが、気持ちとして...)、

梱包を開けた時に香りは異国漂う懐かしい香りです...。

 

週末からの「gangamaki夏だより」に向けて届いた先から竹の家では仕上げが始まります。

検品しながらスタッフも様々なコメントが飛び交います。

懐かし〜、

綺麗〜、

新しい!

などなど..。

 

袈裟のような色目のマンガルギリ。

透け感が綺麗です、この季節にぴったり。

 

 

 

 

こっくり色のカディ衣。

 

 

そして目の覚めるようなシルクオーガンジー生地をインド茜で染めたワンピース。

とってきの1枚です。

 

 

今週末から始まる展示会では、

明日帰国予定の田中ぱるばによる映像紙芝居も急遽決定!

どんな新しいお話を聞かせてくれるか、楽しみです。

 

梅雨時期のあきる野は紫陽花がそろそろ綺麗な季節。

ぜひちょっと遠きあきる野まで遊びにいらしてください。

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

 

makiのベッドカバー

竹の家の木々も青々としてきました。

緑の季節、木洩れ日やシルエットも美しいです。

 

 

さて今日はmakiのベッドカバーをご紹介します。

まずはジャカードの織り生地「ウネ」

 

 

こちらは今年3月にも「ベッドファブリック  ウネ」でご紹介させていただきました。

タテ糸のウールにヨコ糸は手紡ぎのタッサーシルクギッチャを織り交ぜています。

微妙にラインがウネウネとずれるように設計されたジャカードと、

手紡ぎとの風合いがとてもマッチした生地で、makiの定番で長らく織られています。

柔らかく心地良い仕上がりです。

 

 

ベッドファブリック ウネ(ダブル)

サイズ 218cmx230cm

素材  ウール60%xタッサー蚕40%

価格  ¥59,000+税

グレー、ダークブルーの2色展開

 

次はこれからの時期にぴったりな「ベッドファブリック  大格子」

 

 

麻とシルクを織り交ぜたハリとシャリ感のある

気持ちの良い生地です。大格子のデザインには、

カジュアルな雰囲気があるので、部屋のコーディネートも

困ること無く、使いやすいと思います。

 

 

ベッドファブリック 大格子(シングル)

サイズ 158cmx234cm

素材  麻50%xシルク50%

価格  ¥52,000+税

 

次は入荷予告になりますが…

「ベッドカバー  リネンパストラル」

 

 

こちらも定番となったパストラルのデザインです。

(田園風景からインスピレーションされてつくられました。)

麻とシルクで織り上げたもので、ライトグレーとブルーグレーの色合いから、

落ち着きと、涼やかさを感じます。

 

 

パストラルは綾織りや二重織りなどがランダムに入ったような

ジャカード生地ですので、両面ともに違った色合いや雰囲気を

楽しむことが出来ます。その日の気分に合わせて使ってみて下さい。

 

 

ベッドファブリック リネンパストラル

サイズ 168cmx252cm

素材  麻50%xシルク50%

 

こちらは夏頃の入荷になる予定です。

確実にご覧いただきたい場合は、事前にお問い合わせください。

よろしくお願い致します。

 

真木テキスタイルスタジオ

服部

moko moko 不思議なラグ!?

GWまであと2日…。竹の家では

布のいのち展」の準備が着々と進行しております。

今回は布・衣以外にも、様々な試行錯誤の中で生まれた

アートピースが登場しております。

その中の一つに、何やらモコモコしたものが…。

 

 

こちら、手紡ぎのヒマラヤウールをふんだんに使用した、

毛足の長〜いラグなのです。

ganga makiでは昨年よりラグを織りはじめました。

ヒマラヤウールを紡ぎ、織る村の出身である織師ビノードが、

細幅で織り上げ(村では腰機で織っていたものなので)、

それをつなぎ合わせて大きなラグや長細、

正方形などつくってきました。

 

 

ただ、今回のラグは毛足が長〜いですよね、

どのように織っているかといいますと、

通常は直径1cmほどの筒に巻いてループをつくるところを、

竹や紙筒などの太いものを使って織ってみました。

 

 

毛足が長いぶん、ボリュームも満点です。

 

 

実はこちら、ある風景から着想を得てつくられています。

 

 

ganga maki工房の周辺の風景です。

冬になると、周りの村の女性たちが、畑の畦道の草を刈り、

家畜に食べさせます。その刈り取ったあとのモコモコとした光景が、

この辺りの冬の風物詩で、いつも眺めてきたのでした。

このモコモコとした形状を何かカタチにできないか…

そして生まれたのが今回のラグ「moko moko」なのです。

 

 

土台となる織り自体は長方形(約119cm×40cm)なのですが、

毛足の長さの違いから、円形の山が二つ並んでいるように見える、

なんとも不思議なカタチのラグになります。

座って、寝転んで、自由な発想でお使い頂ければと思います。

 

moko moko

サイズ 約122cm×77cm(最長幅)

色はホワイト×ライトグレー、グレー×チャコールの二色。

限定で2点のみになります。

 

 

是非、この機会に触れてみて下さい。

 

布のいのち

2019年 4/27(土)〜5/5(日)

会期中無休 11時〜17時半

 

真木テキスタイルスタジオ

服部

 

 

kotiスカートの赤

GWまであと一週間…。

竹の家の木々も柔らかい若葉が茂り、

爽やかな花々が見られる時期になりました。

 

 

さて、以前こちらで予告させて頂いた、

kotiスカートの赤を入荷致しました。

 

 

赤と生成りのリネンに同色のシルクを織り交ぜた、

落ち着いた色合いの赤に仕上がっています。

 

 

ウエスト周りが特徴のkotiスカート。

一枚の布の中で、糸の縮みを利用してつくられています。

 

kotiスカート 赤

素材 麻×シルク

価格 32.000円+税

 

 

明るいタンクトップやストールともよく合いますね。

GWイベント「布のいのち」では、

この他にもインドから届いたばかりの新作や、

lunch & cafeもお楽しみいただけます。

春のmakiを是非ご覧下さい。

 

真木テキスタイルスタジオ

服部

 

 

 

 

 

 

インドの葦スツール「ムラ」

日に日に暖かくなってきましたね。

桃の花も美しく、外は春の陽気です。

 

 

本日は、竹の家や竹林カフェではもうお馴染み、

インドのスツール「ムラ」をご紹介します。

 

 

素材はサルカンダという4mにもなるススキのような植物で、

日本のイグサの仲間だそうです。

届いたばかりの「ムラ」はほんのり畳に似た香りがしています。

職人が一日につくれるのは2脚ほどだそうで、

職人によって座面の編み柄や形も違って、個性があります。

ぜひ好みの「ムラ」を見つけてみてください。

 

 

インドの葦スツール「ムラ」

サイズ 約27cm×38cm

価格 9,800円  税込

 

 

写真手前がこの度入荷したもので、奥が長年makiで使われているものです。

艶が出て、色も濃くなり、繊維が柔らかくなって座り心地もいいです。

このような経年変化も楽しんでいただけます。

フローリング、畳、ラグなど、様々なインテリアにも合わせやすく、

また小さなお子様の椅子にもよいかもしれません。

竹林shopでぜひご覧下さい。

 

真木テキスタイルスタジオ 服部

 

 

春のはおりもの

少し前に年が明けたと思っていたらもう3月半ば。

3月は去る、とは言いますが季節が変わっていく毎日にワクワクもするのも3月。

 

装いも変わります。

なんとく肌寒くても軽やかな服を着たくなる気分。

「もう一枚あれば...」とこの季節よく思います。

makiも羽織ものをいくつかご紹介しておりますが、こちらは季節通して様々な素材で製作している

「kotiボレロ」。

昨日待ちに待ったインドからの商品入荷があり、今年の spring kotiボレロが4色! 届きました。

ナチュラル、オフホワイト、グレー、チャコール。

 

こちらは3色。

微妙な色目の違い...伝わるでしょうか。

袖を通して見ると顔写りや合わせなどそれぞれの個性があります。

 

袖口、前身頃、首周りのフェルト仕上げが特徴の衣。

 

 

以前から製作しているのでブログでもご紹介しておりますが、改めてHow to makeを。

 

機(ハタ)の上でこのようにスリットを入れるように織り上げます。

 

 

そして折り紙のようにたたみ...

 

 

そで下となる直線部分をミシンで一本縫います。

胸元のあまり部分はギャザーで立体的に。

 

 

出来上がり!

 

 

 

見えない箇所の小さな手による仕末、色々な工夫がほどこされていますよ。

そしてこのスタイルに合う、季節ごとの風合いや素材は作るたびに違っているのがまた楽しい。

 

今春もkotiボレロでお手持ちの服がより活躍するかもしれません。

 

 

優しい風合いの春ボレロ。

春から秋始まりまで。

 

 

明日から始まる、松屋銀座2019春。

竹林とはまた違う空気感の中で

makiの春始まりをぜひお楽しみください。

お待ちしております。

 

●松屋銀座

7階 遊びのギャラリー

「新しい春、新しい絲」Maki Textile Studio

3/13(水)〜26(火)

10:00-20:00 (日曜は19:30)

 

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手紡ぎピュアパシミナ一つ穴

 

まだまだ厳しい寒さがつづいていますが

今日はすっきりと冬晴れな一日。。。

 

今日はインドより到着した

新作アイテムを紹介します!

 

 

高地に生息する山羊からとれる羊毛を手紡ぎし

柔らかくとてもあたたかな風合いに織り上げました。

 

中心から縦に25cmほど切り込みが

入っていますので、すぽっと被ると

ポンチョのように着ることができます。

 

 

色違いでグレーx 白ラインのアイテムも。

 

 

バイアスに畳んで、

ショールのように肩にかけても素敵です。

 

 

手紡ぎピュアパシミナ一つ穴

約115cm x 100cm

¥58,000

グレーx白

ナチュラルxピンク

2色展開となっています。

 

まだ寒い日は続きます。

軽くて暖かなパシミナはインナーとして

一枚は織ると暖かくなり、春までずっと使っていただけます。

ピュアパシミナの心地良さ、柔らかな暖かさ

ぜひお手にとって感じてみてください。

 

真木テキスタイルスタジオ

西山