Maki Textile Studio
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
松屋銀座 秋のご紹介

真砂三千代展も昨日が最終日でした。

竹林shopではじめてのAfa展、初めて見てくださる方も多くみなさん

その生地使いや着心地、素材感にうっとりとした5日間でした....。

 

9月もすっかりと半分過ぎてしまい...

秋の展示会も各地で始まっております。

毎秋の松屋銀座は、9/26(水)〜10/9(火)の2週間。

makiの秋のお披露目です。

 

ジャガードウネミックス生地のプルオーバー。

フレンチスリーブ袖なので、秋の始まりはそのままで、秋深まる頃にはTシャツやニットと合わせて。

このほか、ジャンバースカートもございます。

 

 

シックなジャガード織り柄のショートコート。

素材がウール×タッサーナーシで、しっとりとし柔らかさに。

たっぷり襟が冬の首元をあたためてくれます。

色違いでダークブルーもございます。

 

ジャガードで織る、服生地はひさひぶりのご紹介。

プレーンなmaki生地との相性も良く、コーディネートの幅も広がる秋に。

松屋銀座での秋の始まり、ぜひご覧ください。

 

●松屋銀座 7階遊びのギャラリー

9/26(水) 〜 10/9(火) 最終日は17時閉場

営業時間が曜日によって異なります。詳細は松屋銀座HPをご参照ください。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

春の松屋銀座はじまります。

いよいよ来週より、2018年春 松屋銀座での「春の足音 maki textile studio」展がはじまります。

 

ご案内のはじまりの...

gangaの春は冬夏こもごも。

午後のティータイムは陽だまりで、午後は木陰で。

ゆったり、しっかり、ものづくりに励みます。

 

とありますが、

確かにこの季節のインドは春のような初夏。

そして実り物もぐんぐん育つ時期です。

 

その点の日本の春は、そろそろ?そろそろ?と毎日空と空気を

眺めながら感じて待つ。

少しでも暖かいと「春がきた!」と喜び、翌日の寒さに「まだだね〜」と残念がり。

だからこそ「待ち遠しい春」なのですね。

 

makiの春は、松屋銀座からはじまります。

今年もかわらぬ姿勢の物作りのmakiですが、

色目や織り生地がバリエーション豊です。

 

黄色格子、グレー格子生地でボリュームたっぷりのギャザースカートやパンツ、チュニック(2/19付ブログ)。

安定感ある空羽生地は、大人っぽい上着やシンプルチュニック。

麻×タッサーシルクの定番タビーはいろいろパンツ。

合わせのタンクトップやブラウスも充実です。

そして、オーガンジー生地は藍・黄色・グレ—で染めて

新しいスタイルに挑戦しました。

 

胸元にギャザーを入れて布のふくらみを出した、春の羽織物。

ふわっとした着心地。

藍の色目もそろそろ気になる季節です。

 

 

 

同じオーガンジー生地のシンプルブラウス。

着ているのを忘れるくらいの軽さ。

そしてなんといっても夏の涼しさはmaki布の中でも一番かも..。

 

 

 

maki春布の実りをぜひご覧下さい。

松屋銀座でスタッフ一同お待ちしております。

 

・「春の足音」 maki textile studio

松屋銀座 7階遊びのギャラリー

3/14(水)〜27(火)

10時〜20時

最終日 17時まで

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

 

松屋銀座はじまります。

毎年9月下旬から開催する、松屋銀座の秋展示会が本日よりはじまります。

9/27(水)〜10/10(火)の2週間。

makiの秋をたっぷりとご紹介できる機会です。

インドgangamaki工房より届いたほやほやの布も並びます!

秋冬にぴったりな真木雅子さんの籠も充実しておりますよ。

 

今秋の松屋銀座は楽しいイベントがいっぱい。

・7階「和の座」(maki展示スペースの前)では「奈良のTEIBAN展」。

・8階イベントスクエアでは、「銀座・手仕事直場所」が同時開催です。

いろいろな作家さんの実りの秋をのぞきに入らしてくださいね。

松屋銀座

 

 

 

期間中、新しいアイテムも入荷予定です!

お楽しみにしていてください。

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

明日より伊勢丹新宿での展示会はじまります!

日差しの強い日が多くなりましたね。

 

明日5/15(月)より新宿伊勢丹での展示会が始まります!

 

 

織り上がったばかりの新作をはじめ、

初夏に気持ちの良い、ストールや衣、インテリア、

真木雅子さんのカゴもご紹介いたします。

 

期間中はmakiのスタッフも在廊し、

初夏のコーディネートなどご紹介をさせていただきます。

 

明日初日は午後から真木千秋も在廊いたします。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

なつごろも ー真木テキスタイルスタジオ展ー

5/15(月)〜5/30(火)

10:30〜20:00

伊勢丹 新宿本館5階 ウエストパーク

 

真木テキスタイルスタジオ

酒井

 

 

 

 

 

真南風の藍の衣

 

松屋銀座での展示会、

残すところ4日間となりました。

春の新作、日々追加しております。

今日は、ミュージアムピース(シルクオーガンジー)を使った真南風の衣をご紹介します。

 

「真南風」というのは、

沖縄西表島の「紅露工房」主催、染織家である石垣昭子さんと

「Afa」服飾デザイナーの真砂三千代さん

そして、真木千秋の3人で立ち上げたプロジェクトです。

2月の garelly ganga maki オープニングの衣ショーにも登場しました。

(いといと雑記帳の2/25の記事をご参照ください。)

 

とてもハリのあるミュージアムピース、

身に纏うと空気を含んできれいなドレープが出ます。

光沢と透け感があり、はっとするほど美しいのです。

使い込んでいくととても柔らかくなるので、

長い時間をかけて育てていける布です。

写真は、ジュバンLを2枚重ねて、

ミュージアムピースの布を帯のように巻いて着ています。

 

ジュバンL

素材 家蚕、デュピオンシルク

染め 藍

価格 ¥90,000+税

 

スープリアが身につけているのは、

パーと呼ばれる袴のような沖縄の衣をモデルにしたパンツです。

ゆったりとしてはき心地も良く、

歩くたびに揺れる裾がとても涼しげな衣です。

 

パー

素材 家蚕、デュピオンシルク

染め 藍

価格 ¥80,000+税

 

とても力のある布です。

ぜひ一度、纏ってみてくださいね。

 

 

「春の日」

松屋銀座 7階 遊びのギャラリー

開催中〜3/28(火)

10時ー20時

最終日17時 閉場となります。

 

真木テキスタイルスタジオ

松浦

 

松屋銀座はじまりました

松屋銀座での展示会「春の日」が昨日からはじまりました。

不安定なお天気の中でも足を運んでくださり、ありがとうございます。

 

今回はいつもよりたくさんのコーディネートを展示しています。

こんな組み合わせ、こんな巻き方、合わせをご提案できたらと。

特にストールは巻き方一つで雰囲気も使い勝手も変わります。

makiのストールはシルクの独特な「ハリ」が特徴です。

その風合いを楽しむ方法、そしてその変化後の楽しみ。

スタッフが素材や色、そして使い方も含めてお伝えできたらと思っておりますので

ぜひお声掛けもしてくださいね!

 

久しぶりのベットカバーは、シングルサイズをご用意しています。

以前は綿×タッサーシルクを中心に作っていたベットカバーですが、

今回は麻×タッサーシルクで見た目も使用感もシンプルで新鮮。

同じ生地でクッションカバーを作ってね! とリクエストも頂きました。

少しづつインテリアアイテムも増やしていきたい!と思っております。

 

 

 

松屋銀座7階 遊びのギャラリー店内

色合いがすっかりと春色です。

 

 

 

 

ストールいろいろ...

 

 

 

まだ肌寒い日もあるのでウールアイテムも並んでいます。

そして久しぶりのちくちくポシェットは、少しサイズが大きくなりより使いやすくなっています。

 

 

こちらがベットカバー。

麻×タッサーシルクギッチャーの素材感とシンプルさがどんなお部屋で使っていただいても馴染みそうです。

ベットだけではなく、ソファーカバーなどにも..。

 

 

「春の日」

2017年3月15日(水)〜3月28日(火)

松屋銀座・7階遊びのギャラリー

10時〜20時まで(最終日17時閉場)

 

・2015年3月 松屋銀座HP「HONMONO」の取材をしていただいた記事です。

まだの方もいらっしゃるかと思いますので、ぜひご一読ください。

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

 

 

明日から松屋銀座はじまります

寒の戻りか...とても寒い3月中旬。

今週半ばからはお天気も回復予報です。

 

明日から2017年春 松屋銀座がはじまります。

インドより届いた春の服やストール、インテリアなど並ぶmaki春一番の展示会。

日々アイテムのご紹介をしておりますが、

今日は春色衣。

 

ノイルシルク×黄繭で織る春の服生地。

さらっとしゃりっと、そしてしなやかです。

なんといっても黄色が春色。

シンプルなチュニックやワンピースに合わせるボレロ風「糸衣」。

 

まだ少し先の到着になりますが、色違いの藍も制作中。

こちらは上衣というショートジャケット。

藍と生成りの相性は抜群です!

 

松屋銀座2017春はいろいろなコーディネートを展示して見て頂きたいと思っております。

ストールとの合わせや巻き方など...

店頭でご紹介できること、楽しみにお待ちしております。

 

 

松屋銀座

「春の日」

ganga maki 2017年春の布&衣

 

2017年3月15日(水)〜3月28日(火)

松屋銀座・7階遊びのギャラリー

10時〜20時まで(最終日17時閉場)

 

・2015年3月 松屋銀座HP「HONMONO」の取材をしていただいた記事です。

まだの方もいらっしゃるかと思いますので、ぜひご一読ください。

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

松屋銀座 2週目

銀座松屋での展示会が始まって、はや1週間がたちました。

最初の1週間は様々な催事が重なりにぎわう日も多いフロアでした。

今週水曜からは、奈良のTEIBAN展も様子を変えてのご紹介になるそうです、楽しみです。

 

makiは引き続き2週目に入り、秋物をご紹介中。

この秋も真木雅子さんの手編み籠をいくつも置かせていただいております。

一年を通して日常的に使える籠、これからの季節の装いに一層引き立ちます...

お財布(!)やブレスレットなど、少し小物もご紹介中です。

 

朝晩ぐっと冷え込んできている毎日。

そろそろヒマラヤウールの上着やプルオーバー、パンツなども手にしていきたい季節ですね。

シルク+ウールの重ねの楽しみも味わえる秋冬のおしゃれを、店頭でご紹介したいと思います。

 

秋のすすきと籠...

奥の布は、ミストミックスという今秋の服生地。

とてもこっくりと素材感楽しめます。

松屋銀座では生地として販売しております。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

玉川高島屋 初夏の生成り服
昨日から始まりました、
高島屋での「ヒマラヤの麓より」展。


今回は新作のストールに加え、服も充実してのご紹介。
都内の百貨店では、まだご紹介出来ていなかった
入荷したばかりのものもご紹介しております。



今日はお天気も本当に良く、
夏のような日差しになりましたね。
これからの日差しに良く合う、
爽やかな生成りの服を少しご紹介します。

柔らかい麻と手紡ぎタッサーギッチャーの糸で
織り上げた 軽やかな生地。
やや透け感もあり、とても涼しく着て頂けます。


おしりが隠れるくらいの丈で、
カジュアルに着られるチュニック。
深くあいたVネックが、きれいです。
シンプルなタンクトップと合わせて。

チュニックcollar
価格 45,000円+税



柔らかな形の上衣。
ジャケットよりやさしいラインなので、
夏の日差しよけの羽織りとしてお使いいただけます。

上衣 シンプル
価格 36,000円+税

タッサーシルクタンクトップ
価格 21,000円+税


他にも手織りの軽やかな服、
ストールなどご紹介中です。
是非遊びにいらして下さい。

「ヒマラヤの麓より」
5/11(水)〜5/17(火)
10時〜20時(最終日17時まで)
玉川高島屋 5階 ステージ5

 真木テキスタイルスタジオ 
酒井
今日から玉川高島屋展示会!!
5月に入り毎日お天気に恵まれていましたが、今週は少しゆっくりなお天気。
しっとりとして良いですが...

今日から玉川高島屋での展示会が始まります。
10年以上ぶりでしょうか....。
本当に久しぶりの場所で、新たな気持ちです。
場所は本館5階「ステージ5」。
大きめの催事場を区切って展示させていただいています。
また違った雰囲気の中ですが、ストールと服、充実しております。
ぜひこの機会に見ていただきたい。

kotiベスト&スカート、空羽ベスト各色、そして混紡kotiボレロ、シルク麻のブラウスやチュニック、パンツなど
今シーズンのアイテムが揃っています...

kotitaka
Kotiベスト 麻×家蚕×タッサーナーシ絹 36,000円

1週間のみの展示となりますので、お天気に関わらず?ぜひ足をお運びください。
お待ちしております!!

真木雅子さんの籠は、5点限定。
DMでご紹介したからむしのバックは夏にぴったりです。
貴重な雅子さんのバックもお見逃しなく。


「苧麻(からむし)のバック」
細いワイヤーに苧麻の皮を乾燥させてくるくると巻いて素材にする....
とても細かい手仕事です。
ベースに使用している素材は日本あけび。
苧麻との相性抜群です。

奥 くるみ樹皮 皮籐 65,000円
手前 つづらふじ 42,000円

この機会にどうぞお越しください。

●「ヒマラヤの麓より」
5/11(水)〜17(火)
10時ー20時
最終日17時まで
玉川高島屋 5階 ステージ5


真木テキスタイルスタジオ
大村