Maki Textile Studio
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 冬のヒマラヤウール | main | ヒマラヤウールのパンツ >>
カジュアルな着こなし

 

こんにちは。

 

週替わりでコロコロと気温が変化していく11月。

重ね着の楽しい季節でもありますね。

ヒマラヤウールにシルク、コットン…

素材の組み合わせであたたかさは一段と変わります。

 

今回はお手持ちのお洋服と合わせてコーディネートの組み合わせ方も楽しんでいただけたら…

と、思い “ジーンズ” とのカジュアルな着こなしをご紹介させていただきます。

 

_

 

トップスは、kotiボレロ ボーダーにマトカシルク×綿のタンクトップ。

綿のようにソフトな肌触りのマトカシルクのタンクトップは、素肌にとても気持ちがいいです。滑り、収まり、ともに良いのでウール物の重ね着にぴったりです。

 

ボトムには、ポケット腰巻きのチャコールに濃いめのジーンズを。

丈夫で動きやすいジーンズは普段着で着られる方も多いアイテム。

綿100%のものがほとんどなので、冬は寒さに耐えられずジーンズの下にタイツを重ね履きしている方もいらっしゃるのではないかと思います。

タイツの代わりにジーンズの上に腰巻きを巻くとじんわり身体の芯から暖めてくれて…手放せなくなるおすすめのスタイルです。

 

 

 

腰巻きを巻くことで暖かさだけでなく、

カジュアルな印象から少し女性らしさもプラスされ

いつものジーンズのコーディネートに変化が加わり楽しいです。

 

 

こちらは、ジーンズにふくふくプルオーバーとタッサーシルク メヘンディー染めのタンクトップを。

普段ボーイッシュな着こなしの方にも取り入れていただきやすいコーディネートです。

 

手紡ぎヒマラヤウールのチャコールとホワイトの杢、ジーンズのインディゴと生成りの杢が不思議と揃い目に馴染みます。その間に光沢の美しいタッサーシルクを挟むことでカジュアルな印象を和らげてくれます。

さらにウールの下にシルクを重ねることは間の空気を保温する効果が生まれるため暖かです。

 

 

今年のふくふくプルオーバーは、裾にかけて緯糸にグリーンが入り、かわいい印象に。

ジーンズのカジュアルなアイテムによく合います。

 

 

普段着に少し取り入れていただくことで見える変化は新鮮でとても面白いものです。

ぜひ気軽にジーンズとの着こなしをお楽しみください。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

本田