Maki Textile Studio
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新作のパシミナストールたち | main | 新作 春ストール「薄ムガ格子」 >>
冬の腰巻

冬布の楽しみ方

週末は温暖な天気でしたが、今日は東京初雪。
深く積もる様子はないようですが、

寒くて体も固まってしまうので足元などお気をつけください。

寒い季節は
外へのお出かけもしたくなりますが
お家でくつろぐ時間も多い時期です。
部屋でも温かく、快適に心地よく、そして少しおしゃれに過ごしたいですよね。

ブログでも冬のヒマラヤウールアイテムを
たくさんご紹介してきていますが、
改めて…
腰巻は冬に最強アイテム!
一枚布の存在感が強く、身体も欲するようになります。

腰巻、今年は4種類ありました。
・プレーン 無地
・プレーンポケット
・台形
・地機ショート
展示会や竹林shopで見てくださった方も
これだけの種類があることに
もしかしたらお気づきにならなかったかもしれません。

makiスタッフもそれぞれ好みサイズの腰巻を愛用中。
私は地機腰巻ショート。
これはなにより、動きやすい、どんなパンツにも合わせやすい、
いろんな背丈の方にもバランス良く巻ける、と
オススメポイントが揃っています。
(と思っています)。

地機で織る腰巻は綾織。
綾織だからの伸び縮みもあり、
より腰回りに添って使いやすいのかもしれません。

地機腰巻グレー

サイズ. 50cm×125cm

価格.    19000円



デニムに。

少し太めデニムですがその分冬は防寒の為に上から腰巻。

 



そして、kotiスカートに。

(スカート+腰巻の快適さに気づいた年でした!)


その他、makiのフレアパンツや細めパンツにもいろんなスタイルで楽しめます。


腰巻は、動き回った後やお手洗いの際に巻き直しが少々必要なのが手間とも思うのですが…
締め直すというのも案外気分良いもの。
と感じてくるのは不思議。

 

今日はチュニックの下に巻き巻き、お仕事です。

腰巻本格的な季節、

各地展示会やHPからのお問いあわせもできますのでご連絡くださいませ。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村