Maki Textile Studio
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3月のお知らせ | main | 「オカベマサノリ古代ビーズアクセサリー展」 >>
春の黄色

 

こんにちは。

今、ganga工房は春色の衣やショールが続々と仕上がっています。

そのなかでもとくに目に飛び込んできたのは軽やかな黄色。

春格子にも黄色が使われ楽しげな新作が揃っています。

 

今回は“春の黄色”を中心にご紹介します。

 

春格子 黄色のタックワンピース。

とても軽やかな色柄は、新鮮なのに馴染みやすい。

まるでベージュのように自然と日本人の肌にやさしく映えます。

デザインもコーディネートに取り入れやすいので、

春秋は薄手のセーターやタートルネックを下に、夏は一枚で楽しめます。

 

 

春格子 thinギャザースカート。

春格子の緯糸に使われているタッサーシルクのタンクトップと合わせて明るく。

サイドのスリットを結んでたっぷりギャザーを見せるのもおすすめです。

 

 

ミニストール空羽

マリーゴールド、インド夜香木の鮮やかな黄色に明るい藍の水色を添えて。

流れるような空羽の動きが目で感じられてコーディネートを楽しませてくれます。

 

織りたてほやほやのストール。

工房の女性たちが一束づつ丁寧にフリンジを仕上げていきます。

 

背景によって変わる、輝くような黄色×水色の濃淡。

今まで黄色を手にしたことのない方にも試していただきたい一枚です。

 

 

今回ご紹介した春の黄色たちは3月3日(土)より始まる

“オカベマサノリ古代ビーズアクセサリー展”にて並びます。

美しい古代ビーズのアクセサリーとともに軽やかな春の黄色をお楽しみ下さい。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

本田