Maki Textile Studio
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 松屋銀座より 春の布 | main | 新作 織生地の春衣 >>
オーガンジー生地の春衣

季節外れの雪のお彼岸。

今週末に向けては、回復予報。

まだまだお天気安定しない3月です。

 

松屋銀座も2週目を迎えております。

今春は「シルクオーガンジー生地」で

いままでは作っていなかった新しいスタイルに挑戦しております!

 

とても張りのあるこの生地、通称「ミュージアムピース」と名付けておりますが

なかなか手強い生地でもあります。

ただその風合いが出ていた時の肌触りと着心地は他では手に入らない素材感。

真夏の蒸し暑さの中でもへっちゃらです。

 

今年のスタイルの中から、今日はワンピース。

生地をヨコ使いすることで落ち感を利用して、胸元にギャザーを入れてふんわりと。

 

 

メヘンディで染めたグレー。

透け感はこの生地の持ち味なので、インナーに絹やコットン、麻のインナーと合わせて。

ギャザー下の柔らかさがエレガントです。

 

アナール(ザクロの皮)で染めた黄色は、顔映りも明るめ。

 

 

春から初夏にかけて身に付けたくなる藍染め。

透明感があるこちらの生地は重ね着でいろんなコーディネートを楽しめそう。

インナーに薄生地のワンピース、タンクトップ&パンツの上に重ねて...

 

一足早く、軽やかなワンピースいかがでしょうか?

この他、定番タンクトップ、ブラウス、ボトムパンツなどもございます。

開催中の松屋銀座は3/27(火) までとなっております。(通常10-20時、最終日17時まで)

 

只今8階では、与勇輝(アタエユウキ)さんの人形展も開催中です。

見応えある様子です。

併せてお楽しみください。

 

真木テキスタイルスタジオ

大村