Maki Textile Studio
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 竹林のGW4 軽やかな春服 | main | 竹林のGW コーディネート >>
竹林のGW5 タンクトップ

今日は肌寒い雨模様。

まだ春の寒さがもどってくる日もありますね。

週末は晴天に恵まれそうな予報です。

 

GW展示会「生成り&Indigo」展のご案内がそろそろお手元に届く頃と思います。

「生成り&Indigo」というタイトルですが、藍と生成りばかりの春でもありません...

アナール(ざくろ)で染めた黄色、

ラックでピンクや紫など春色満載です。

 

これからの季節にタンクトップとしても重ね着してベストとして楽しめるアイテムのご紹介です。

・タンクトッププレーン   アナール(ざぐろ)染め

・スカートthinギャザー   春格子グレー

・ストールマルダ

春色黄色のコーディネートはうきうきします。

 

 

 

シルクオーガンジー(ミュージアムピース)生地は、maki服生地の中で一番張りがありそして透明感のある布です。

手にしていただくと、「どうやって着こなせばいいの?」という疑問を持たれるかたも多いです。

これこそ「育てる」という言葉がしっくりくる布。

そして育ったあとの愛おしさは格別です。

GWの竹林ではやわらか見本をご用意して触れていただきたいと思っております。

 

 

・タンクトップ(シルクオーガンジー生地)草木染め

各色  22,000円

素材  家蚕 ・デュピオンシルク

 

 

・「生成りとIndigo」

2018.4.28(土) - 5/4(金祝)

11時-18時

lunch   ラケッシュのマサラドーサ

cafe     tocoro cafeのドリップ珈琲とジェラート・焼き菓子

snack   samosa wala timokeの揚げたてサモサ

毎日毎日13時30〜田中ぱるばの映像トークあります。

 

真木テキスタイルスタジオ

大村