Maki Textile Studio
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< ずり出し糸の新作ストール | main | 手紡ぎピュアパシミナ一つ穴 >>
House マスミツケンタロウ

はぎれ&反物市も終了し、しばし静かな竹林shop。

次回展示会は「竹林2月のお買い得」 2/9(土)〜18(月)を予定しております。

また続々とアイテムご紹介もさせていただきます。

 

 

HP雑記帳にも掲載されておりますが、造形&革作家・Houseマスミツケンタロウさんのアトリエへ

訪問させていただきました。

3月展示会打ち合わせ。(3/1金ー5火)

風の強い日でしたが、日向はポカポカ。

中央道から見えるアルプス山脈の美しさに惚れ惚れしながらの道中...。

 

到着した山梨のアトリエへ実は3年前にも遊びに来たのですが、そこからの進化が素晴らしく。

マスミツさん自ら手を動かし、どの空間もマスミツさんの空気感。

年に一度はopenアトリエもされているそうですので、HPやInstagramを覗いてみてくださいさいね。

 

何か作りましょうと、真鍮をカットし叩いて風合いを出し、あっという間にバングルになっていく時間。

何を話していたかというと...

昨年3週間旅をしたマニアックなインドのこと。

(これはまたご縁がある時にお聞きくださいね)

 

 

インドで自ら製作してきた鉄の小物。

 

 

アトリエの片隅には仕上げ途中のカラフルなルームシューズ。

 

 

革ポシェット。

色のバリエーションが増えているのと、昨今のスマートフォン対応?でサイズも一回り大きくなっています。

この色目、写真で伝わるでしょうか...素敵な薄グレー。(欲しい!)

 

家中どこを見てももう一度見直してしまうくらい、小さな小さな手の跡がある。

その集まりがすべての空気感を作っているのだなと改めて感じました。

3月の展示会、とても楽しみです。

 

 

お昼はパートナーの料理家セトキョウコさん手作りプレート。

もちもち食パンも焼いてくださり、至福のランチでした。

(ぱるばさんの表情でお察しください)

 

 

展示会では、千秋さんもスタッフも愛用しているサボやポシェット、布&革バック、端革(はがわ)で作る小物など...

竹林shop1階はHouse マスミツケンタロウ ワールドになります。

お楽しみに!!

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村