Maki Textile Studio
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 布のいのち「コイリングマット」 | main | 明日より「布のいのち」展 >>
moko moko 不思議なラグ!?

GWまであと2日…。竹の家では

布のいのち展」の準備が着々と進行しております。

今回は布・衣以外にも、様々な試行錯誤の中で生まれた

アートピースが登場しております。

その中の一つに、何やらモコモコしたものが…。

 

 

こちら、手紡ぎのヒマラヤウールをふんだんに使用した、

毛足の長〜いラグなのです。

ganga makiでは昨年よりラグを織りはじめました。

ヒマラヤウールを紡ぎ、織る村の出身である織師ビノードが、

細幅で織り上げ(村では腰機で織っていたものなので)、

それをつなぎ合わせて大きなラグや長細、

正方形などつくってきました。

 

 

ただ、今回のラグは毛足が長〜いですよね、

どのように織っているかといいますと、

通常は直径1cmほどの筒に巻いてループをつくるところを、

竹や紙筒などの太いものを使って織ってみました。

 

 

毛足が長いぶん、ボリュームも満点です。

 

 

実はこちら、ある風景から着想を得てつくられています。

 

 

ganga maki工房の周辺の風景です。

冬になると、周りの村の女性たちが、畑の畦道の草を刈り、

家畜に食べさせます。その刈り取ったあとのモコモコとした光景が、

この辺りの冬の風物詩で、いつも眺めてきたのでした。

このモコモコとした形状を何かカタチにできないか…

そして生まれたのが今回のラグ「moko moko」なのです。

 

 

土台となる織り自体は長方形(約119cm×40cm)なのですが、

毛足の長さの違いから、円形の山が二つ並んでいるように見える、

なんとも不思議なカタチのラグになります。

座って、寝転んで、自由な発想でお使い頂ければと思います。

 

moko moko

サイズ 約122cm×77cm(最長幅)

色はホワイト×ライトグレー、グレー×チャコールの二色。

限定で2点のみになります。

 

 

是非、この機会に触れてみて下さい。

 

布のいのち

2019年 4/27(土)〜5/5(日)

会期中無休 11時〜17時半

 

真木テキスタイルスタジオ

服部