Maki Textile Studio
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「布のいのち」展 終了しました。 | main | koti ベスト >>
生成りの季節

GWも明けて10日。

日常の10日もあっという間に過ぎる毎日ですね。

奄美大島が梅雨入りのニュース...そんな季節になったのだなと一年の流れを感じるこの頃です。

 

太陽と風と光が巡るめくこの季節になると

身につけるものも気持ちも軽やかになります。

試してみたい色があったり、定番でしっくり...と冬より気軽に楽しめるのもこの季節。

makiも今春は、赤や藍そして薄グレーのストールや衣を作り、makiさんには珍しい色揃えねと

チャレンジしてくださっているお客様もいらして嬉しい限り。

 

その中でもはや定番というより、いつもあるmakiの「生成り」。

タッサーシルクのベージュ

マトカシルクの白

シルクオーガンジーの白

など、素材そのものの色が生成り。それがmaki布のルーツでもあります。

 

五月この時期は全身明るめ生成りの装いは気分も上がる!

布もスタイルも定番makiスタイルで初夏を楽しむのはいかがでしょうか?

そして、ストール使いで色々な表情に...

 

 

シルクオーガンジーとタッサーシルク生地のタンクトップを重ねて着ると

布の奥行きが出て透け感がとても綺麗です。

合わせるボトムは、

麻×タッサーシルクナーシの麻タビー生地のパンツ。

定番セットアップです。

 

+麻ウネミックス白ストール

生成りの濃淡を楽しめるコーディネート

 

クローズアップすると、このような透けがあります。

 

 

+霞空羽ストール藍(後染め)

先日ganga工房で後染めした藍ストール。

生成りと藍の組み合わせは格別です。

 

 

+ケープベスト混紡

ケープベストを首と肩に巻く使い方です。

冷房や日よけの際にはベストとして着られる2wayです。

素材感がしっかりとあるベストですので、布の風合いが楽しめます。

 

 

+ストールマルダ

ザクロで染めた濃いめストールをくるりと小さめに巻くと

キリッとしてカッコ良いセットアップに。

 

 

すでにお手持ちのmaki衣に少し変化をつけたいなという時に、ストールが活躍します。

そしてお使いのストールに少し飽きてきたら、いつもと違う衣に巻くとまた新鮮!

 

定番の衣は思ったより少なく(ご存知のお客様は多いと思いますが...)、

季節の新しいスタイルや生地もやはり特別ですが、「そこにあるいつものmaki」も改めて目を向けると

気づきがたくさんありますね。

 

また竹林shopにお立ち寄りくださった時や、お近くのギャラリーさんでの展示などで

ぜひお手にとってご覧になってみてください。

新しい発見があるかもしれません。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村