Maki Textile Studio
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< makiストール巻き方編 その2 - バイアスに折って巻いて | main | makiストール巻き方編 その3 - ゴムで留めて巻いて >>
makiストールの洗い方

最近はストールの巻き方、衣のイメージ動画などをご紹介しています。

ぜひ使い方の参考にしていただきたいと思っております。

今後も色々と公開していく予定ですので、

オンラインショップやインスタグラム、youtubeを

時折チェックしていただければと思います。

 

さて、今日はストールの洗い方をご紹介します。

すでにyoutubeやインスタグラムでも動画をアップしていますので、

合わせてご覧になってください。

 

・「makiストールの洗い方」

 

 

 

 

1. ストールをムラなく洗えるように、蛇腹状にたたみます。

 

 

 

2. ぬるま湯を用意し、ドライ洗剤やオシャレ着洗剤を少量入れ、

洗剤をよく溶かしてください。

 

 

 

 

3. ストールの端からゆっくりと入れ、泳がすように優しく押し洗いします。

 

 

4. 水を換えながら、2回程すすぎます。

*長くつけ置きするのは避けてください。

 

 

 

 

5. すすぎ終わったら、絞らずに水からあげます。

*絞ると余計なシワがついてしまい、糸本来の質感を損ねてしまいます。

 

 

6. 両端のフリンジを合わせ、束ねるようにします。

 

 

 

7. フリンジの少し上を持って、勢いよくフリンジをはらいます。

はらうことでフリンジが伸びて、絡まりを抑えられます。

アイロン仕上げの際も、作業が容易になります。

*生乾きの段階に行っても大丈夫です。

*水が飛び散るのでご注意ください。

 

 

 

 

8. 棒に掛け、形を整え、風通しの良いところで陰干しします。

乾いた後は、そのまま使っていただいてもいいですし、

アイロンで浮かしながら蒸気をあてて仕上げても良い風合いになります。

アイロン仕上げに関しては、また後日ご紹介したいと思います。

 

これから梅雨の時期が始まります。

急に肌寒くなる日もあるかもしれません、

そんな時は、一枚ストールがあると便利ですね。

時折洗ってみると、乾いた後のクリスピーな触感が、

また新鮮に感じるかもしれませんし、気分転換にもなるかもしれません。

ぜひお試しください。

 

真木テキスタイルスタジオ

服部