Maki Textile Studio
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ヒマラヤ・スナック | main | Bagさきおり >>
裂き織りの襟巻と腰巻
座繰り糸を織りこんだ、生絹の布、
ミュージアムピースをふんだんに使い、
2種類の巻きものができました。

草木で染めたミュージアムピースを、
細く裂き、座繰りのシルク糸と交互に織りこんだ布は、
帯にもなるような、しっかりとコシのある布の表情。

長い間お使いいただく程にしなやかな表情へと変化します。


襟巻  
筒状になっています。
半分に折り、かぶることで自由自在の襟巻に。
好きなところにピンを刺し、形を作ります。
一重で、紐を使えば腰巻にもなります。

price  ¥22,500




腰巻
体の曲線に合うように、草木で染めた薄手のタッサーナーシシルクを
縫い合わせました。
肩にはおり、ケープとしてお使いいただくことも。

price  ¥29,400
size    60×70cm


ganga工房の新作として、maki+gangaの5月展より、
竹林shopにて販売いたします。


図師