Maki Textile Studio
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 裂き織りの襟巻と腰巻 | main | タンクトップpatch >>
Bagさきおり

オーガニックコットンを作っている南インドの村まで訪ね、
棉畑や手紡ぎをしているところを見てきました。

その村で織った手紡ぎ手織りの綿の布を使っています。
それをganga工房の一人の織師さんが機の上で筒状に織りだしていきます。
持ち手も織り込み、切って裏返して袋の形になります。

この作業は機械織りでは出来ない、手織りならではの新しい試みです。
ぜひ手にとって、じっくりご覧になってみてください。



ビーマル(木の皮の繊維)を織りこんでいるところ




price  持ち手/ ビーマル¥13,650           color  白 / 茶綿
                  / 革 ¥15,750

size    A4サイズ


浜野香