Maki Textile Studio
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夏の布 chindi & voil | main | gangaあらたな試み >>
夏の籠
 夏の布展も3日目が終了しました。
週末にお出かけいただきました皆様、ありがとうございます。

やわらかな薄綿生地の服や、makiの涼しいストール、服など
それぞれのとっておきを選んでいただき嬉しく思います。


今日は「籠」のご紹介です。
竹林shopでは千秋さんのお母様、真木雅子さんの籠をずっとご紹介させていただいております。
とても複雑で、軽やか、そして美しい一品ばかり。
繊細で大胆。
素材もあけび、くるみ、籐、芭蕉の皮などおもしろい素材ばかりです。

部屋のひとすみに置ける花器、一輪挿しの他
手提げ籠、インテリアにすてきな籠などなど.....つきません。

たくさんある中で、今日は夏にとっておきの手提げをご紹介します。

くるみを市松に模様のように編んだ四角い手提げ。
たっぷりと入ります。

繊細なあけびで編んだ籠。
空気をはらんだような空洞があり、壁に飾り明かりを灯しても
陰がきれいです。

竹、あけびなどのさまざまなでデザインの手提げ籠...

本当にすばらしい作品ばかりです。
ぜひ手に取ってみていただきたいと思います。

大村