Maki Textile Studio
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夏の籠 | main | チクチク雑巾 >>
gangaあらたな試み
今日、はじめてセミの声を聞きました。
もう梅雨明けでしょうか?
この暑さにも体が慣れはじめ、
母屋をおおうケヤキのおかげもあって、どうにか毎日を涼しくすごせています。

そんな母屋では、先日よりgangaの秋の新たな試みが始まっています。

インドganga工房で、糸から紡ぎ、巾広く長く手織りして、
それをさらに手縮絨させたヒマラヤウールの織生地。
今回はその生地で服をつくる予定!

今度はここ日本の竹の家で。
新たに加わってもらったパタンナーの田村さんに来てもらって、
真木と大村と形を出していきます。


綿のシーチングでサンプルを作り、それをウール生地に置き換えて・・・
細部の仕上げまで、色々な表情を試しつつ細かく細かくつめて行きます。


手織りの布の風合いを損なわず、形までにしていく様子を傍らで見ていましたが、
やはりものづくりは面白い。
それぞれの思いを伝えつつ、また新たな形が生まれていきます。
今日もこれから打ち合わせ。
どんな形が生まれるか。。。
makiのものとはまた違ったものが出来そうで、今年の秋のgangaが私もとても楽しみです。

服以外にも、楽しいアイテムがganga工房から色々届きはじめています。
また少し涼しくなったらご紹介させてください。

酒井