Maki Textile Studio
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 真夏の布 | main | インドの針場より >>
gangaの仕上げ
今日はこの夏一番の暑さとか。

ここ竹の家もいよいよ真夏の暑さになりました。
そんな中、ganga工房からはこの秋冬のアイテムが続々と届きはじめて、
こつこつとウールものの仕上げに励んでいる毎日です。

今日は腰巻の仕上げ。
ウールは少し厚みがあるので、端の始末をなるべくスッキリ仕上げたい。
そこで、切りっぱなしで仕上げる事にしました。
切りっぱなしで、糸がほどけてきては困る。。。
細い紡績の糸をつめて打ち込むか。。。
洗剤をつけてこするか。。。
端ミシンをかけるか。。。と
いろいろ試してみましたが、最終的に一枚一枚(一糸一糸と言った方が正解ですね)
手でもんで端の糸をからませ仕上げる事に。


とても根気のいる仕上げですが、
仕上がりは今まで試したどれよりもかわいい。

出来上がりの表情を見てしまうと、やっぱりこれだ。。。
と今日も端の始末に没頭するのでした。
はじっこの話ですが、そんなところも見て頂けたら嬉しいです。

下が仕上げ前
上が霧ふきして、アイロンで熱をかけ一糸一糸手で揉んだ後


gangaの新作、5周年記念の竹林ショップで10月始めにご紹介いたします。
詳しいアイテムや情報はまたブログでご紹介させて下さい。

酒井