Maki Textile Studio
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< かすみ空羽(緑) | main | 霞空羽の黄色 >>
秋から冬へ
立冬を過ぎた途端、暦のとおり冬がやってきました。
五日市では朝晩はかなり冷え込むようになり、
山も少しずつ色づきはじめています。

今日はこれからの季節に活躍するコートをご紹介します。


 コートシンプル
 floats diamond
 silk 98% wool 2%
 price 71,400

 タンクトップ プレーン
 タッサーナシ
 silk 100%
 price 16,800

 パンツ
 silk x wool 
 price 37,800

ジャカート生地で作ったロングコート。
シルクで織り上げた今秋の服生地は、柔らかく、軽く、とても肌触りの良い生地です。
よこ糸は、細い手紡ぎタッサーナーシの糸を浮かせて織っているので、
薄くてふくらみがあり、空気を含むので温かさを感じます。
たては、タッサースパン糸、家蚕の絹などを草木で染めています。

インナーにゆったりとしたセーターを着たり、
コートの上からシルクのストールを巻いたり。
重ね着で温かさも調整しやすい一枚です。

タッサーナーシとウールで織った生地のパンツは、
グレー・チャコール・クロの色目で入荷しています。
こちらも毎年人気のアイテムです。


重ね着などのおしゃれが楽しくなる季節です。
ぜひ、あたたかくして竹林shopへお出かけください。

三木