Maki Textile Studio
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 春のブラウス | main | ちくちく展のお楽しみ(サモサ) >>
ふんどし 「ちくちくの春」展より
 今回はふんどしのご紹介です。
雑記帳でも詳しくご紹介させて頂きましたが
女性目線からもお伝えします。


「ふんどし」というとなんとなく抵抗があり、男性のするもの、と固定観念がありました。


しかし、直接肌に触れる下着に最高の素材を使い
ゴムで締めつけられることのないのこかたちは
むしろ女性によいのでは?と思いました。

少しの興味ではじめてみたところ、さらっとしたシルクの素材感が肌に心地良いのです。



女性用ふんどし

price  :  エリシルク   ¥4,200
    タッサーシルク ¥3,570
    綿カディ厚手  ¥2,730
    モトゥカシルク ¥3,780 (全て税込)



普段の生活で、やはりつけることに抵抗のある方でも
就寝時に着用すれば、肌が昼間のストレスから解放されます。

綿カディは男性のものより厚手の生地を使っているので安心感があります。
見た目も楽しめるキレイな生地です。





「ちくちくの春」
2012年4月6日(金) ― 12日(木) 
会期中無休 11時 ー 18時


秋田