Maki Textile Studio
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< シルクの楽しみ方 | main | 明日からえみおわす展 >>
えみおわす展に向けて
 今日は雨の後の晴れ間で、ケヤキからの木洩れ日がキラキラとしています。
梅雨もどこへやら...。

今週金曜日から「えみおわす 縫い目・ちくちく」展が始まります。
3回目のえみおわす展。
この度は岡山から家族3人でいらしてくださる予定で、私たちも楽しみしております。

HPでは展示会でご用意できる服をご紹介させていただいておりますが、
今日は縫い目ちくちくを少しクローズアップしてみたいと思います。

●ボタンジャケット
ちくちく仕上げがとてもかわいらしいジャケット。
ラオス・レンテン族の手紡ぎ綿のものはしっかりとした着心地、
こちらのやわらかい綿はさらりとしたシャツっぽい着心地です。



細かなディテールをみてみると...
一針一針ちくちくされています。
肩、前合わせ、そして、首から見えている紐はちいさなボタンを付けるための
役割です。



こちらは、クルタ。
脇にたっぷとマチが付いているので着やすい一枚です。

着て、身体が動くと鈴のようなボタンがシャラシャラ~と小さく鳴ります。

縫い目ちくちくの一部をご紹介しました。
ミシンと手縫いの合わせをぜひお楽しみいただきたいと思います。

HPでのご紹介はこちらです。→http://www.itoito.jp/Exhibitions/07emiowa.html
大村