Maki Textile Studio
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ストールのやわらか仕上げ | main | おすすめの一枚。 >>
ストールの巻き方 series1
今日は少し涼しい一日です。

 先日はblogでストールのやわらか仕上げ方法を紹介致しました。
「どうやってシルクのストールを使ったらよいですか?」という質問をお店でも受けます。大切な1枚のストールをより長く楽しく使っていただきたいと思っておりますので、巻き方をお伝えして、一枚の布のいろいろな表情をお見せすると、「私にも巻けそう!」とぱっと表情が明るくなり、嬉しく思います。

今日は、巻き方その1をご紹介させていただきます。

「ふわっと巻いて、結んで」


首にストールを添うように掛け、左右の長さを少しかえておきます。


長い方の布をぐるりと首に巻き、前にまわします


その布端と片方の布端を少しつまむ



布が固くならないように結びます

 

輪になっているので、好きな布の表情をつくれます。

この巻き方は首から肩を覆うベストのような感じになりますので、夏の冷房で肩が寒い時などにも良いと思います。

やはりmakiのストールの魅力は、シルクの張りでもあります。その張りがあると、巻いた姿に透明感があり空気もはらみ、綺麗です。眠っているストールをお持ちの方、使ってみたいと思っていただいている方、ぜひ一枚の布の可能性を楽しんでいただきたいと思います。

お店や展示会ではいつでもいろいろな巻き方を紹介しております。お気軽に声を掛けて下さい。

大村