Maki Textile Studio
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ストールの巻き方 series2 | main | 紡ぎの糸 >>
デリーの針場より 布のループ
インドは雨の季節。
デリーも一日一回、大きな雨がやってきます。
突然の大雨で今日も道路には川のように水が流れ、その中を走る車はボートのようでした。
また、その横をすり抜けて走る自転車やリアカー付き自転車、オートやバイクの姿があり、インドに暮らす人々の力強さをあらためて感じました。


デリーの針場では、秋服作りはほぼ終わり、来年の春に向けての新しいスタイル作りが始まっています。
インドでの服作りには、布を生かした手仕事がかかせません。
以前ご紹介した布だけでできたくるみボタン、gundy(グンディー)もそうですが、
今日は布を上手に使った「布ループ」をご紹介したいと思います。

「布ループ」は、いろいろな役割でmakiの服に使われています。
ボタンを止める、ウエストをしぼるヒモとして、小物のヒモに。
ほとんどはボタンとセットで使われますが、その太さ、硬さを生地やスタイルごとにそれぞれ調整できるのは職人の技です。
作る行程はシンプルですが、その早変わり様に、終始目を奪われてしまいます。

1.バイアスに布を切ります。

2.切った布を半分に折り、折った側を縫います。
(この巾がループの太さとなります。)

3. 縫い代を整えます。(ループの固さは縫い代の太さで決まります。)

4. さきほど縫った筒にループ返しの細い棒を差し込み、
棒の先端を布の最後に引っかけます。

5. 棒の端をミシンなどに固定し、布をひっくり返すと・・

6.ループが現れました。これで完成です。



脇役ですが、「布ループ」はmakiの服に無くてはならない存在です。
これからご紹介する秋服にもループはたくさん使われています。
竹林shopや各地の展示会にいらした際は、ぜひご覧いただけたらと思います。


図師