Maki Textile Studio
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 紡ぎの糸 | main | 写真撮影 >>
秋の生成りストール
秋のはじめ、まだ残暑厳しい竹の家にインドから荷物が届きました。

年に数回、このインドからの荷物を開ける瞬間は、
インドで織り上がった布たちがはじめて見られる、私にとって心躍る瞬間です。
今日はその中から、
これからの季節にもお使い頂ける生成りのストールをご紹介します。

霞空羽ストール。
今までも、黄緑、グリーン、藍、グレー、黒など
季節によって色々な色が出ていましたが、今回は白。
白といっても絹糸の持つ自然なままの生成りです。
このピュアな生成りだからこそ感じる繊細な織に
つい時間を忘れうっとりみとれてしまいました。

霞空羽(白)
価格 37,800円
素材 タッサーシルク×家蚕×座繰り糸×黄繭
サイズ 60㎝×190㎝

色々な色の糸が手でつながれ、ヨコ糸に使われているものもあります。
その手の時間を思うと何だかやさしい気持ちになりました。

霞空羽(つなぎ糸入り)
価格37,800円
素材 タッサーシルク×家蚕×座繰り糸×ムガシルク×黄繭
サイズ 60㎝×190㎝


もう1つはおりかえし織りのストール。
パッチワークの様なデザインですが、ヨコ糸を途中でクロスしながら
1枚のストールの中に繊細なシルクと力強いシルクが織りこまれています。
大きすぎないサイズなので、首にかけたり、ジャケットの中に入れたり、
秋・冬の暗くなりがちな服のアクセントにも。

おりかえし織(白)
価格  33,600円
素材    座繰り糸×家蚕×タッサーカティア×黄繭
サイズ 30㎝×170㎝ 


夏の白はもちろんですが、秋・冬の暖かみのある生成りとても素敵だと思います。
竹林ショップや各地の展示会などでご紹介しはじめました。
是非お手にとられてみてください。

酒井