Maki Textile Studio
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 秋色ストール | main | 雑誌掲載のお知らせ >>
かけ布とフェルトひも
gangaのかけ布のは長方形のウールの布です。
大判のかけ布は万能で、さまざまな使い方ができます。

そのまま肩からかけて、ショールとしてお使い頂いたり
ひざかけにしたり、腰に巻けば腰巻きになります。
今日は、かけ布の使い方をご紹介します。

腰巻き。
まず、腰にきつく布を巻き付けます。

そしてフェルトひもをぐるりと一周まわし、とめます。

紐は手紡ぎのヒマラヤウールの糸をたばにして、
手で縮絨させ、一本のひもにしています。


最後にひもを隠すように折り込みます。


ショールとしてお使いになるときは
かどを持ち、三角形をつくります。
肩にかけるとき一方を長めにして、巻きます。






かけ布long
¥19,950
手紡ぎヒマラヤウール

フェルトひも
¥1,680
手紡ぎヒマラヤウール

この一週間で気温もぐんと下がり、ウールが欠かせない気候になってきました。
大判の布が一枚あるととても便利です。



秋田