Maki Textile Studio
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 都内での展示会 | main | 8月展 あと3日となりました。 >>
デリーの染め場より
 デリーはこの2ヶ月の間、雨が多く、
ここ数日の晴れ間も空気が澄んでいて気持ちいいです。
緑は太陽の光を反射してまぶしいほど。

今、来春用の服作りの準備をしています。
今日は染め場での作業。

こっくりと煮出した染液から、来年の春色を染めます。
手前の赤い色がセブリ(インド茜)、奥がケス。

煮出す前の染料は、こんな姿をしています。
赤/セブリ(茎 or 根)

黄色/ケス(花)

セブリは、赤系の色を染める時に使います。
日本で言う、インド茜です。
媒染液につける加減で、ピンク系になったり、オレンジ系になったり、
また、透明感が出たり、渋くなったりとたくさんの赤色を染めることが出来ます。



今回は、春に向けてやわらかい色が染まりました。
このあと針場で服に仕立て、
来年の春、皆さんにご紹介出来たらと思います。


図師