Maki Textile Studio
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋冬のパンツ | main | ウール製品のお手入れ方法 >>
冬仕度
北風1号が吹き、寒い一日でした。
今日もハラハラとけやきの葉が舞っています。

急に寒くなったので
靴下重ねて、セーター出して、暖かいストール出して...と大慌て。
寒くなると、首元を暖めると肩の力もすっと抜けます。
そして「軽く暖かく」が一番。
今日はmaki布での冬仕度をご紹介します。

ウールマフラー+シルクストールの二重巻き。
ganga工房で織るウールマフラーを使うようになり、何よりも暖かく軽く心地良いことを昨年発見!
手放せないアイテムとなりました。


例えば....
●パシミナショール+生絹ストール

ウール独特のあたたかさを首元に、その上からシルクで包むようなイメージ。
使いこなしたシルクストールだとなおさら良いですが、
この使い方でまだシャリ感の残るストールをなじませるのも一つアイディアです。

くるりと巻くと、こんな感じ。
持っているストールやマフラーとの色合わせも楽しみ。
茜で染めたピンクのパシミナと淡い茜色のシルクストールがぴったりで
巻くとなんとなくやさしい気分になりました...

●パシミナおりかえし織り
¥39,900
手紡ぎピュアパシミナ100%
約43cm巾

●霞空羽 細巾
¥29,400
黄繭・座繰り絹・赤城節糸・家蚕・苧麻
39cm巾


こちらは、ganga混紡マフラー+細変わり格子ストールの組合わせ。
少し小さめの2枚だからこそ、シャリ感のあるシルクストールが効果的。


ウールマフラーをくるりと包むように巻くと、首回りが本当に暖かいです。

●ふっくら混紡ストール
¥21,000
エリシルク・ヒマラヤウールの混紡糸
約30cm巾

●細変わり格子
¥36,750
タッサーシルク・黄繭・家蚕・赤城節糸
42cm巾

お手持ちのシルクマフラーにgangaのマフラー、
ganagのマフラーは持っているので、それに合わせたシルクのストールを...
と新しい1枚手にする楽しみも増えるのでは、と思います。

寒くなるにつれ、実はシルクストールも手放せなくmakiスタッフ。
いろいろ工夫しシルクの軽さあたたかさを感じています。

みなさまの冬仕度のご参考に。
そして冬に向けての1枚もぜひ!
竹林shop、水〜日(11:00-18:00)までopenしております。


大村