Maki Textile Studio
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今年も。 | main | 腰巻きの活用 その2 >>
腰巻きの活用 その1

以前、ご紹介したヒマラヤウールの腰巻き。
腰に巻く以外にも、巻き方で多様にお使い頂けてとても便利です。

今日はケープやショールとしてお使い頂く巻き方をご紹介致します。
まず、ヒモを上にして肩にのせます。

前で交差させて、後ろでまたヒモを交差させて前へ。

ヒモをお好きなポイントで蝶蝶結びにすると、完成です。
ヒモでしっかりと留めているので、着崩れもしません。

こちらは一番短い腹巻きタイプ。
丈の長さは約30cm。ストールのように気軽に巻けます。

地機腰巻き short

素材 手紡ぎヒマラヤウール
価格 15,000円 + 税


ミディアム丈は約50cm。
ショートと同じ巻き方で巻いても、小さめのポンチョのようになります。

地機腰巻き 

素材 手紡ぎヒマラヤウール
価格 17,000円 + 税


こちらはロング丈の130cm。
これぐらいあると、ジャケット、コート代わりになります。

腰巻き color 

素材 手紡ぎヒマラヤウール・麻
価格 25,000円 + 税

※同じサイズで無地(濃いめのグレー)もあります。


竹林shop、各地の展示会で展示、販売しております。
ぜひこの冬に、ヒマラヤウールの腰巻きをお試し頂けたらと思います。


図師