Maki Textile Studio
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ピュアパシミナのマフラー | main | 今年もありがとうございました。 >>
gangaの手紡ぎヒマラヤウール(その2・腰巻)
 gangaの手紡ぎヒマラヤウールのお話です。
今回は寒い季節に使っていただきたい腰巻のご紹介。

たくさんある毛の中から柔らかいものを選ぶバギラティ。
彼女は糸の紡ぎ手でもあるので、どの毛が柔らかいかしっかり見極めてくれます。

そんなバギラティがganga工房で使っている織り機がこちらのpitloom(地機)です。
その佇まいは力強くもあり、心地よい風のような穏やかさもあります。

地機で織られた生地はしっかりしながらも綾織なのでしなやか。
クタクタせずに長くお使いいただけます。

肩にかけてみてもいいですね。
地機腰巻き
色 チャコール グレー ライトチャコール
素材 手紡ぎヒマラヤウール、麻
価格 ¥19,000+税

こちらはgangaの普通の織り機で織られた腰巻です。
丈が長いので、暖かく包んでくれます。
腰巻plane
色 チャコール グレー ホワイトグレー
素材手紡ぎヒマラヤウール、麻
価格 ¥25,000+税

寒さはまだまだ厳しくなっていきます。
ぜひgangaのヒマラヤウール、お試しください。
年明けの端切れ市でもご紹介いたします。

真木テキスタイルスタジオ
山口