Maki Textile Studio
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2017年ハギレ市開催中です! | main | 冬のレッグウォーマー >>
寒い冬には重ね巻き

週末は全国的な寒波の予報ですね。

雪が降る地域の方は、お気をつけてお過ごしください。

 

1/7(土)〜13(金)までの「端裂&反物市」も無事終了致しました。

今年も新年早々、沢山のお客様にあきる野までお越しいただけた1週間でした。

本当にありがとうございます。

毎年、年に一度のお祭りのようなハギレ市。

福袋を楽しみに...

たくさんの袋に詰めたハギレを一つ一つ丁寧に選んでいただき、作る予定のものを教えてくださったり...

ランチを食べて、珈琲を飲み、お話会を聞いてくださり...

くつろいでいただけたら嬉しい限りです。

 

静かな竹の家になりますが、しっとした竹林shopもまた落ち着きます。

水曜から日曜 11時〜17時まで営業しておりますので、お待ちしております。

ハギレもまだまだ置いてあります!

 

そして、この寒さになるとシルクのストールだけではさずがに寒いですね。

重ね巻きの季節となりました。

今日は「ケープベスト+ストール」「つつ織りマフラー+ストール」の重ねのご紹介です。

 

 

長方形の布に2つ穴を開けながら織る「ケープベストtie」gangaの冬の定番アイテムです。

肩からウエスト、そして首周りがあたたかです。

その首周りに一枚シルクのストールを入れると、ふんわりとしたやさしい温かさになります。

そして色遊びもできますね。

 

写真は、

「細変わり格子ストール silk100%」を首にしっかりと巻き、

「ケープベストtie wool100%」を着て、胸元裏側から小さなゴムで留めました。

布の表情も出てコートも羽織やすくなります。

 

 

 

こちらは、

「つつ織りマフラー ウール100%」+「細変わり格子ストール シルク100%」の二重巻き。

 

つつ織りマフラーは肩を覆うようにスヌードとしても使っていただけますが、ふくふくした風合いなので首に

きゅっと巻きたくなるアイテムです。

ピンやゴムで留めることもできますが、ここに絹のストールを入れると

首筋から肩まで暖かに。

人ごみや電車内でのむせるような暑さでも、首にシルクを直接巻いているとさらりとして不快感がありません!

 

こちらもぜひお試しください。

百聞は一見にしかずです!

 

どのアイテムも竹林shopまたは各地の展示会でご紹介しております。

お問い合わせもスタジオまでぜひお願いいたします。

042-595-1534

 

真木テキスタイルスタジオ

大村