Maki Textile Studio
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 真木雅子のかごバッグ | main | 今年の綿服 >>
ganga工房より(本田絵理)

こんにちは。
こちら ganga maki は昨日の雨で暑さが和らぎ、爽やかな一日です。
地面は雨で潤い一気に緑で生い茂りました。

…今回初めての滞在ということで、
工房の様子をすこしお伝えしたいと思います。

工房へ続く小道…
マンゴーやジャックフルーツの木々は、
もう時期食べ頃を迎えます。

 

 

織り師のバビータ。
糸を紡ぎ準備をしています

 

 

彼女たちは一つ穴ベストの仕上げをしています。ささっと素早い手さばき。

 

 

真剣な眼差し…
とても丁寧にストールの仕上げをしています。

 

 

織り師のタヒール。
ホワイトとブルー、爽やかなタビーのストールを織っています。

 

 

ワークショップルームを繋ぐ通路。
自由に行き交うことができます。
 

 

マルダのストール。
先ほどの写真から扉越しに見える織り師のシャザット。

彼は25年以上ものあいだ、makiの布を織り続けています。

 

 

中庭から窓を覗くと、元放牧民の織り師マンガル。
過去の経験からウールの織りを担当、スペシャリストでもあります。

 

…工房の様子はごく一部ですが、
たくさんの人の手により丁寧に日々うまれています。

今日も朝から日本に送る荷物の準備が進んでいます。新しく工房から届くアイテムをぜひ楽しみにしていてください。


真木テキスタイルスタジオ
本田