Maki Textile Studio
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
台形腰巻き

ここ数日でまたぐっと季節が進み、

竹の家ではウールが手放せなくなりました。

 

いよいよ・・・あたたかな腰巻きの季節です。

 

今年は腰巻きの種類が沢山揃います。

格子柄、無地、ストライプ・・・

ショート丈、ロング丈・・・

ストレートなシルエット、やや広がる台形などなど。

 

生活のスタイルや合わせるコーディネートによっても選ぶものが変わります。

makiのスタッフも2枚、3枚とその時の気分や用途で使い分けながら

寒い冬をあたたかく過ごしています。

 

今日はその中から、台形腰巻きを紹介します。

 

ウエスト部分はやわらかなヒマラヤウールで、

切り替えの下の部分にはヒマラヤウールに麻を織り込みました。

織り上げてから縮絨をかけるとウエスト部分が縮み、

切り替えの所から自然な広がりがうまれます。

 

ペチコートを下にはいて巻くと、しっかりとした巻きスカートに。

ブーツなどと合わせると冬のお出かけにも素敵です!

 

無地では・・・・

藍(一枚目の写真)、ライトグレー、グレー、チャコールの4色。

 

半発酵した藍で染めたこちらのお色もまもなく再入荷です。

 

 

今年は少し楽しいストライプの台形腰巻きも!

 

お色は藍、グレー、チャコールの3色。

 

台形腰巻き(各色)

価格  30,000円+税

素材  ヒマラヤウール×麻

サイズ 裾巾152cm×丈83cm

         (ウエストのウール部分の巾120cm)

※縮絨をかけているので、1点づつ多少サイズが異なります。

 

 

各地の展示会、11/2からの竹林shopでの展示会にも並びます。

色々な腰巻き是非この冬に試してみてください。

 

真木テキスタイルスタジオ 酒井

 

 

 

新作ストールのご紹介

 

あっとういまに10月半ば、

秋も深まってきましたね。

 

今日はすっきりとした秋晴れ

日差しがあたたかく

気持ちの良い1日でした。

 

 

今日は新作ストールのご紹介を…

 

 

ラックダイ、メヘンディで先染めをし

極細マルダシルク、バンガロールシルクを織り上げました。

極細糸をひき揃え、とてもしなやかでやわらかく

バンガロールシルクの光沢が美しい一枚となっております。

 

 

 

襟元に巻くとふんわりと暖かく、

お顔まわりもぱっと華やかになり、

寒くなるこれからの季節にぴったりな一枚となっております。

 

数日後にインドより届く予定となっておりますので

11/2よりはじまる竹林「秋の彩り」展や

各地の展示会などでお手にとっていただけるかと思います。

 

どうぞお楽しみに。。。

 

真木テキスタイルスタジオ

西山

 

いろいろなラグ

 

こんにちは。

武蔵五日市駅から竹の家までの道のりは、

紅葉もはじまり秋が深まってまいりました。

 

身につける物も羽織やウールの巻き物が手放せません。

 

今日は、11月2日(金)よりはじまる竹林イベントに並ぶラグのご紹介をいたします。

 

 

ぐるぐると、ふさふさのヒマラヤウール。

原毛色のやわらかな白にところどころカラフルな色が入り楽しげです。

 

 

ひとつひとつ表情の違う手織りラグ。

広げるといろいろな模様が。。

細長いカタチは廊下や台所、いろいろな場所に使っていただけます。

 

 

キリリと引き締まるラインがアクセントのこちら。

原毛色の白と茶を混ぜ合わせてうまれるグレーの色合いがなんとも心地良いです。

 

 

リビングなど広いお部屋に使える大きさです。

こちらもひとつひとつ色も模様も違った表情に仕上がっています。

 

 

季節を問わず年中お使いいただけるタッサーシルクラグ。

不思議と木々や革のような温もりを感じます。

竹林cafeのデッキ席やgallery ganga makiの石畳、どの空間にもフィットし、

とても重宝しています。

 

 

タッサーシルクラグは大、中、小、揃います。

玄関マットからリビングまで、幅広い空間におすすめです。

 

 

手紡ぎ手織りのヒマラヤウールにずりだし手織りのタッサーシルク。

充実したラグを見にいらしてください。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

本田

makiのパシミナショール

銀座松屋での展示会も無事終わりました。

毎年楽しみに来て下さる方、

はじめてmakiの布々を見てくださった方、

色々な方と良い時間を過ごさせて頂いた事に本当に感謝いたします。

今秋も本当にありがとうございました。

 

銀座での日々が終わり、竹の家に戻ると

柿の実がたわわに実り・・・

欅の葉も紅葉し、はらはらと落ちる葉で庭一面おおわれ・・・

 

ほんの数日で、すっかり季節がすすみ、秋が深くなっていたことにおどろいています。

いよいよ本格的に寒い季節がやってきますね。

 

 

今日は、朝晩の気温差があるこの時期からずっと使って頂ける

大判のmakiのパシミナをご紹介いたします。

 

手紡ぎのパシミナを手織しているmakiのパシミナショールは

ふんわり、しっとり、肩にかけた時の包まれる感じは特別です。

うす手で軽く、自分の体温を感じてほわっとやさしいあたたかさです。

 

大判で、肩も背中もしっかりとおおわれるので、

今の季節の薄手のニットの上にもとても使いやすいサイズです。

 

色はこちらの二色。

・グレーベージュのやわらかな色に生成りのライン。

・やさしい生成りの無地。

どちらもベーシックな色で合わせやすく、

使えば使うほど風合いも出てきて長く長く使っていただけるものです。

 

お手にとられて、手紡ぎ手織りのパシミナの心地良さを

是非感じてみてください。

 

 

手紡ぎピュアパシミナ 綾織り

価格  62,000円+税

サイズ 67cm×188cm

素材  ピュアパシミナ100%

 

真木テキスタイルスタジオ 酒井

 

 

 

秋冬の腰巻

日差しが強く秋晴れの週末でした。

今日は風も気持ちよく、外日和な一日。

 

銀座松屋でのご紹介もあと2日となりました。

連休最後の明日と火曜日(17時閉場)まで。

秋物を都内で見ていただける数少ない機会ですので、ぜひ足をお運びください。

 

先日入荷した腰巻プレーンの新色。

コーディネートに合わせやすい生成りとこげ茶。

「しなやかさと巻きやすさ」を出すために、麻を少し入れています。

触るだけではあまり感じないのですが、隠し味的な...。

この隠し味がmaki布の魅力。

 

 

 

 

こっくりとしたこげ茶。

裾に太めボーダーで少し色を変えているのが粋です。

 

こちらは生成り。

裾が薄いグレーですので、腰巻として巻いた時も肩掛けとして纏った時も布の動きがあり

楽しい1枚です。

 

 

腰巻は「どうやって巻くとよいのですか?」とお客様とお話していると尋ねられるのですが、

文字で説明することがなかなか難しい...

次回は「巻き方&使い方」をブログでご紹介したいと思います!

 

・腰巻Plain

素材 wool75%. linen25%

価格 ¥25,000

色.   チャコール/生成り

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

 

銀座松屋での展示会始まりました。

こんにちは。

秋彼岸も過ぎ、 朝夕はぐっと冷え込むようになり

秋が深まってきました。

 

銀座 松屋での展示会

「絲合わせ 布合わせ展」

9/26(水)より始まりました。

 

 

羽織ったり、巻いたり…

様々な布使いが楽しみな季節

先日、ganga maki工房より届いたばかりの

新作アイテムもご紹介しています。

 

•カーディガンジャケット ¥3,4000+税

ふくふく生地の軽さと

ふっくらとした暖かさが

これからの季節にぴったり。

 

 

生地の端をいかして縫製し

袖と裾まわりはチャコールのライン

 

•プルオーバーUネック ¥2,8000+税

グレーxチャコールの大格子

こちらもふくふく生地

袖周り、首まわり

ゆったりとしたシルエット

とても軽くふっくらとしています。

インナーの合わせかた次第で 様々な楽しみ方をしていただけるアイテム

お色違いでライトグレーxホワイトも…

などなど…。

 

新作アイテムを色々とご紹介しておりますので

ぜひ松屋銀座へ遊びにいらしてください。 会期中は毎日スタッフが居りますので

布の巻き方、素材の事などお気軽にお声かけください。

 

2018年 9/26(水)〜10/9(火)

松屋銀座・7階遊びのギャラリー

午前10時〜午後8時まで 最終日午後5時閉場

※以下の日にちのみ営業時間が変わります 9/30.10/8 10時〜19時半 / 10/4.5.6 10時〜20時半

 

真木テキスタイルスタジオ 西山

「絲合わせ・布合わせ展」 銀座松屋

道を歩くと金木犀がどこからか香り、

今年もこの季節が来たなぁと、私は少しわくわくします。

本格的な秋の始まり、布を身につけるのが楽しくなる季節です。

 

明日から銀座松屋での展示会がはじまります。

 

素材感のある秋のストールやショール。

 

ヒマラヤウールのあたたかな布・・・

ジャカード生地の表情豊な衣など・・・

今年もmakiらしい布々が並びます。

 

少し肌寒くなってきたこの季節にぴったりのアイテムを沢山ご用意しております。

会期中はスタッフも毎日おりますので、是非遊びにいらしてください。

 

 

2018年 9/26(水)〜10/9(火)

松屋銀座・7階遊びのギャラリー

午前10時〜午後8時まで

最終日午後5時閉場

 

※以下の日にちのみ営業時間が変わります

9/30.10/8  10時〜19時半 / 10/4.5.6  10時〜20時半

 

 

真木テキスタイルスタジオ 酒井

松屋銀座 籠バッグのご紹介

 

こんにちは。

金木犀の甘い香りが漂い季節の巡りを感じます。

真砂三千代 衣展も終わり、いよいよ松屋銀座での展示会が始まります。

 

今日は松屋さんへお持ちする真木雅子先生の籠をご紹介いたします。

 

 


藍で染めたうす引き皮籐は山ぐるみにぐっと映えてコーディネートのアクセントに。

ウネギッチャーのストールを藍で合わせて。

 

Qバッグ

価格 ¥68,000+税

素材 山ぐるみとうすびき皮籐

 


 


細かく丁寧な編み目は、じっくりと眺めていたくなる美しさ。

コーディネートがぐっと引き締まります。

 

Cバッグ

価格 ¥70,000+税

素材 山ぐるみとうすびき皮籐

 


山ぐるみ樹皮の表裏の濃淡をいかした編み模様が素敵です。

風華のストールを合わせてシックに。

 

Dバッグ

価格 ¥68,000+税

素材 山ぐるみとうすびき皮籐

 


 


 

凛とした表情の編み柄がコーディネートに映えます。

秋冬のマットなウール素材のアクセントに。

 

P うすびき皮籐 大

価格 ¥75,000+税

素材 うすびき皮籐

 

 

どの素材も職人さんの手によって丁寧に仕上げられたものを使い編まれています。

手編みのあたたかさと凛とした美しさを感じる、雅子先生の籠バック。

ぜひ、26日(水)よりはじまる松屋さんの展示会でご覧ください。

 

 

●松屋銀座 7階遊びのギャラリー

9/26(水) 〜 10/9(火) 最終日は17時閉場

営業時間が曜日によって異なります。詳細は松屋銀座HPをご参照ください。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

本田

 

 

松屋銀座 秋のご紹介

真砂三千代展も昨日が最終日でした。

竹林shopではじめてのAfa展、初めて見てくださる方も多くみなさん

その生地使いや着心地、素材感にうっとりとした5日間でした....。

 

9月もすっかりと半分過ぎてしまい...

秋の展示会も各地で始まっております。

毎秋の松屋銀座は、9/26(水)〜10/9(火)の2週間。

makiの秋のお披露目です。

 

ジャガードウネミックス生地のプルオーバー。

フレンチスリーブ袖なので、秋の始まりはそのままで、秋深まる頃にはTシャツやニットと合わせて。

このほか、ジャンバースカートもございます。

 

 

シックなジャガード織り柄のショートコート。

素材がウール×タッサーナーシで、しっとりとし柔らかさに。

たっぷり襟が冬の首元をあたためてくれます。

色違いでダークブルーもございます。

 

ジャガードで織る、服生地はひさひぶりのご紹介。

プレーンなmaki生地との相性も良く、コーディネートの幅も広がる秋に。

松屋銀座での秋の始まり、ぜひご覧ください。

 

●松屋銀座 7階遊びのギャラリー

9/26(水) 〜 10/9(火) 最終日は17時閉場

営業時間が曜日によって異なります。詳細は松屋銀座HPをご参照ください。

 

 

真木テキスタイルスタジオ

大村

 

 

 

真砂三千代 衣展 始まりました。

 

こんにちは。

小雨の降る二日目。

雨に濡れた竹林の緑が輝き景色に映えます。

 

 

 

初日、二日目のランチはいずん堂さん。

十六穀米ごはん、とん汁、栗と南瓜のポテトサラダ、

こんにゃくと根菜のスパイス纏い、サンマの和オイル煮、

豆腐の味噌漬け、秋ナスの香り梅和え、ぬか漬け。

 

あきる野の食材やインドのスパイスを使ったスペシャルランチを

ご用意いただきました。

 

明日から最終日18日(火)は、きむくまカレーさんのランチとなります。

季節の野菜カレーと鶏そぼろ和風キーマの二種類!

 

ぜひ、お楽しみに。

 

 

そして、、、

昨日行われた 真砂三千代、真木千秋による衣ショーの様子を少しお届け致します。

 

maki布を使ったジャケットとパンツに綾太ストライプのショールを合わせて。

明るく素敵な笑顔と共に。

 

ストールマルダギッチャーを纏った上に、

ラオスのシルク布を使ったコートとボトムでシックな着こなしに。

 

ヒマラヤウール折り返し織りのコート。

ノーカラーでなだらかなシルエットは、かわいい着こなしに。

 

台形腰巻きの上から大判パストラルのストールを巻き、

ヒマラヤウールのコートにこっくり染まった霞空羽のストールを合わせて。

 

今回、DMにも使われたヒマラヤウールのロングコートを。

大きな衿は小さくたたんでコンパクトにも。

 

ミュージアムピースの布をたっぷりと使ったこちら。

袖とネックポイント以外は布そのまま。巻いたり結んだり…

最小限の縫製で布の美しさを最大限に引き出したカタチです。

 

その上からヒマラヤウールのふくふく生地をたっぷり使った羽織を合わせて。

 

最後に全員で一枚。衣を纏った皆さんの笑顔がとても素敵です。

 

今回ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

真砂三千代 衣展 は、18日(火)まで続きます。

秋の心地良い季節の竹林でお待ちしております。

 

真砂三千代 衣展

9/14(金)-18(火)

11:00-18:00

会期中無休

lunch  12:00〜

くむくまカレー

cafe    12:00〜

tocoro cafe

 

 

真木テキスタイルスタジオ

本田